会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】祝!日本遺産認定「会津三十三観音めぐり」(その6)

2016年06月28日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

久々に会津三十三観音を訪れてきました。今回は西会津町にあります番外の鳥追観音です。鳥追観音は、会津三十三観音の結願(けちがん)寺とされ、最後に訪れる場所となっています。

人の最期にころりと逝けると言われる会津三ころり観音の一つでもあり、抱きつき柱が本堂の中にあります。また、人の身体を模したおさすり柱があり、自分の身体の悪いところをさすってくると、ご利益があるとも言われています。

本堂の外に出ると、さまざまな彫刻が掘られ、3匹のサルを見つけられると良いともされています。ぜひ、ゆっくりと探してみましょう。

今回は、同時に近くの大山祇神社も訪れて来ました。

鳥追観音からさらに奥へ進んだ行き止まりの駐車場に車を置いて登山すること約1時間。6月は大山祭りの期間中だからか、平日にもかかわらず奥の院まで参拝する方々がたくさんいらっしゃいました。

受験生の親として、合格祈願をして戻って参りました。

西会津は古刹が集まっているところ。山を降りて町に戻ると、ココ数年でおしゃれなカフェが何店かオープンしているので、今回は「諏訪の森Cafe」さんにおじゃまし、おいしいランチと素晴らしいコーヒーを満喫してまいりました。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】歴史の転換点で考... | トップ | 【会津野】時事川柳という言... »

あわせて読む