会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】料理の科学

2017年04月28日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

昨日は、お料理の本を読んでおりました。「おもしろい!料理の科学」(平松サリー著)です。

内容は、乳化の仕組み、卵の固まり方、牛乳の成分ごとの変化の様子、肉や野菜の色素の変化、ジャム作りにおけるペクチンと酸の働き、ヒトの5種類の味覚、肉を柔らかくする成分、じゃがいも・さつまいもの成分変化、水・氷と食塩の作用、などなど。

お料理をするときに、2つの素材をいっしょに料理するとどうなるか?というようなことを、知っていると知っていないのとでは、レパートリーの幅に大きな違いが生まれます。

また、熱の加え方による素材の変化の違いなども、科学的な知識を持つことは、日々の暮らしに大きな差が出ます。

この本は、小学生上級生くらいから読めるよう、やさしい言葉で書かれています。

私にとってとてもためになったのは、氷と塩の関係です。氷に塩をかけると周りがよく冷えることを、経験則としては知っていたけれど、科学的には最大でマイナス21.3℃まで氷の温度が下がることや、そのメカニズムを理解でき、塩の偉大さをあらためて感じました。

流氷オンザロックは、なぜキンキンに冷えるのか? それも、すぐに分かります。

この春から一人暮らしを始めた方は、ぜひ読まれると、食生活が大きく変わることでしょう。生きるうえで、ぜひ持っておきたい知識です。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】書籍「土と内臓」 | トップ | 【会津野】久保田三十三観音 »

あわせて読む