会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】「コードF-6」で避難地域を感じてきた

2016年03月27日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

きれいに晴れた青い空、雪をかぶった飯豊山がそろった0℃の会津野です。

3月18日から「コードF-6」がはじまりました。これは、福島県内の35ヶ所の宝探しゲームのことを言います。

昨日、子どもたちとこれに挑戦。楢葉町、川内村、田村市常葉(ときわ)、三春町の4ヶ所をまわってきました。

楢葉町は、原発事故による避難地域でしたが、昨年避難指示が解除され、居住できるようになったところです。楢葉町を訪れるのははじめての経験でしたが、役場のすぐ横に復興商店や郵便局がオープンしていたり、古本屋さんがあったりします。まだ、元の住民の方で戻っている方は少ないものの、確実に復興に向け動いている様子が見えました。大きな太平洋を望む景色は、会津にはないもの。久々に大海原を見て感動。洋上には、大きな風車が浮き、風力発電も元気に動いていました。宝探し後にカードをいただける楢葉町役場では、震災当時、私どもの宿に避難なさっていた方とばっとりと出会い、元気な姿を見ることが出来て安心しました。

川内村へ向かうには、富岡町を経由します。富岡町の名所といえば夜の森(よのもり)の桜並木です。もしかしたら桜が咲いているかも?!と向かうものの、夜の森地区は帰還困難区域で、立ち入りが出来ない状態でした。富岡町から川内村へ向かう県道64号線は、廃炉作業の非常時エスケープルートとなっているので、通行が出来ます。ほとんど人の姿を見ないまま進むと、住民が6割ほど戻った川内村中心部に着きます。見るからに農村風景が広がる地域ですが、ここは人の営みを感じるまで回復しています。いわなの郷のめちゃくちゃおいしい塩焼きを頬張りながら、宝探しゲーム。途中では、村長さんがフツウに村の人とお話している姿を道すがら拝見し、のどかな雰囲気が伝わってきました。

次は田村市常葉(ときわ)に向かいます。途中、かつて都路村と呼ばれた地区を通ります。ここは、避難指示が解除されてまもなく2年になります。しかし、まだまだ空き家がいっぱいです。都路の中心部以外は、人々をほとんど見かけません。都路地区と常葉地区の間に仮設商店があったので寄ってみました。お店は、年中無休でコンビニと同じような品揃えのお店を店主の方が1人で切り盛りしています。無料のドリンクサービスがあったりし、地域の方や復興ビジネスで訪れる方々を大事にしている様子が伝わってきます。頭が下がる想いをしました。常葉地区まで来ると、ここはかつて緊急時避難準備区域に指定されはしたものの、避難指示地域ではなかったので、元の生活が残っています。お肉屋さんでミートボールのお惣菜を求め、それをいただきながら楽しく宝探し。途中の展望地では、阿武隈の山々を一望に見渡せ、「あーココで無線をやったら楽しいだろうな!」と趣味的なところに心も奪われました。

田村市常葉から三春町までは、15分程度の道のりです。コンパクトできれいに整備されている三春の街なかを散策し、宝探し。宝探しそのものが、ちょっと簡単すぎやしないかと思うくらい、スイスイ行きました。

昨日は、原発事故後、はじめて避難地域に入りました。生活再建に向け確実に前へ進んでいる方々がいらっしゃる様子が見え、そして帰還困難として5年前のまま時が止まっている様子も見えました。

この宝探しゲームを通じ、さまざまな方にフクシマへ行き、フクシマで買い、フクシマを感じていただけたら幸いです。

開沼博氏の「はじめての福島学」を読んでから訪れると、なお一層、今のフクシマのことがよくわかります。この本は、とても読みやすく、自身を持ってみなさんにおすすめできるものです。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】3分でわかる民泊... | トップ | 【会津野】4月1日 JR只見線の... »

宿主からのブログ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事