会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】深層学習を実際に使うには?

2017年01月26日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

昨日のエントリー【会津野】人工知能に深層学習をさせるには何が必要かでは、人工知能を使い方についてお伝えしました。

今日は、実際に、東大卒の天才たちが作る人工知能の心臓部は、どんなものがあるかの話。そして、どうやって使うのか。

結論を言えば、コンピュータ言語Pythonを使い、オープンソースのモジュールを使って構築すれば良いのだ。

Webを使ってホームページを作るのは、HTMLやJavascript、CSS、PHPなど、たくさんの言語体系をある程度理解していないと難しい。

なのに、人工知能はPythonだけで良い。それも、天才たちの作ったモジュールが、簡単に手に入るのだからスゴイ。

日本の会社が作ったchainerは、日本語なので、リアル言語の言葉の壁がない。googleが作ったtensorflowは、自前でgoogleも活用しているから、さまざまなテストを経た上での成果物なので信頼性も高い。日本語のサーポートもあるKerasも簡単に使えそうだ。

さあ、これらの人工知能様をうまく使うために、どんなデータを用意しなければならないか、そして、アウトプットはどんなことを得たいのか。そこは、各々の仕事の内容で大きく違ってくる。

ここを考えるのには大きな困難がありますが、あれこれと遊びながら試し、人工知能を育てる環境を考えてみようかと思っております。

どうしよう?! 子育ての負担が、またさらに増えてしまいそうだ!

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】人工知能に深層学... | トップ | 【会津野】超電導に興味あり! »

あわせて読む