会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】スタンドアロンとネットワーク

2016年11月14日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今月はじめに日本語訳が発売されたリンダ・グラットン教授の「LIFE SHIFT」が反響を呼んでいます。

 

グラットン教授の前著「WORK SHIFT」では、リストラなどで職場という共同体からはじき出される人々がこれからの時代に多く発生することを示し、孤独(スタンドアロン)となった人々がギルド(ネットワーク)を組みながら「仕事」をしていくモデルを、2025年の予想として表現していました。

「LIFE SHIFT」は、「仕事」に「ヒトの生涯」という時間軸を加え、「仕事」や「引退後の関係性」などを論じたものです。

この2冊を読むと、「仕事」も「プライベート」も、スタンドアロン型からネットワーク型へ移行することが必須のように感じられます。

1969年生まれの私は、本に出てくるモデルである1971年生まれのジミーに近い生き方となりそう。

日本の1967年生まれの50%は、92歳〜96歳まで生きるとされ、現在47歳である私はちょうど人生の折り返し点ということになります。

残り半分の人生で、新たなことを学び、新たな職に就き、新たな暮らしをするようになるのか。それとも、現在の延長線上が続くのか。

過去からの技量や思考方法は受け継ぐにしても、老朽化した社会の仕組みに依存する部分は、新たなものに転換していかないとなりません。

アメリカも社会の不満が反映されたのか、トランプ大統領誕生により、過去の利権構造にのっかっている人々が淘汰される予感が伝わってきます。

イギリスのブレクジットも、そのような感じですね。

いよいよ日本もそうなるかもしれません。

スタンドアロンでもしっかりと動作し、さらにネットワークで動作を飛躍的に拡大していく、そんな生き方が求められているのかもしれませんね。

今日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】人工知能に負けな... | トップ | 【会津野】airbnbは儲かって... »

あわせて読む