会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

福島県30ヶ所のコードF-5

2015年04月06日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

会津野は気温+8℃、どんよりと曇っている朝です。

昨日は白河市へ行ってきました。福島県南部の白河は、会津よりも暖かいせいか、モクレンの花が満開。桜もきれいに咲いていました。

3月20日から9月27日までの約半年間、「コードF-5」という宝探しゲームが、福島県内30ヶ所で行われています。そのうち、白河市には2ヶ所の宝が隠されており、それを探しに小旅行に行ってきました。

白河市の名勝として知られる南湖の湖畔と市街地中心部が、宝探しの場所で、無料で配られているヒントを示す冊子の情報を元に探索。かつて、奥州みちのくへ続く奥州街道を歩いて踏破したとき以来の、白河市内の街歩きを堪能しました。

いっしょに行った子どもたちも、ヒントをたよりに真剣に探索するものの、市街地の宝さがしはかなり難しく、この2ヶ所だけで約4時間を費やすほどです。途中で、白河名物の手打ちラーメンで昼食。店の内外へのダシの匂いが上品で、穏やかな店員さんの雰囲気を持つ「すずき食堂」さんの手打ち中華で大満足でした。

この宝さがしゲームは、宿の近くである会津美里町本郷地区や、会津若松市内でも行われています。

旅の途中に楽しむと、普段着の街並みをきっと感じられることでしょう。

今日も楽しく過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自立の意味を考えてみよう! | トップ | 地域の消滅ってどういうこと... »

あわせて読む