会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】いまあるものに少し手を加えればだいぶ良くなるんじゃない?

2016年10月30日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

昨日の紙面に気になる2つの記事が日経にありました。

ひとつは二次交通整備のこと、もうひとつは自転車のシェアのことです。

二次交通とは、例えば東京から会津までの鉄道や高速バスを会津若松駅のようなターミナルで下車した後、旅人宿 会津野というような地域内の目的地まで利用する交通手段のことを言います。二次交通の現状としては、昭和40年台の人口ピークから続く地域住民の減少により、ターミナルから離れた二次交通が必要な地域への交通は、衰退の一途をたどっています。なぜなら、その二次交通により利益を受ける過疎地の住民減少が相当進んだからです。

観光という切り口で人々が移動する場所を考えると、二次交通が途絶えたために埋もれてしまった価値ある観光資源が眠っていることも多々有ります。

そこで、2011年の東日本大震災以降、急激な伸びを示しているインバウンド(訪日旅行)への国からの交付金を活かして、二次交通を整備しようというのが、ひとつめの記事です。

ここでは、秋田県秋田市、男鹿市、大仙市、仙北市の4ヶ所で、東北観光復興対策交付金を原資として整備される二次交通を紹介していました。

会津美里町では、町内を運行する「あいあいタクシー」という二次交通があります。これは町内の市街地と山村を結ぶバス路線が廃止されたときに誕生し、病院などへ行くお年寄りが主な利用者です。タクシーなので、町内ならばどこへでも行けるのですが、主な利用層であるお年寄りは病院が開いている平日の、それも午前中の利用が多いため、夕方や土日の運行がされず、観光向けには事実上使えない残念なことになっています。

ただ、この交付金は、福島県も対象の範囲内ですので、秋田県と同じ手法で福祉的な意味合いと訪日旅行、さらに国内旅行の利用へと大きく内容を変更することも出来るのではないかと思わせるようなものでした。

もうひとつは、自転車シェアのことです。

会津三十三観音が日本遺産に指定されて以来、会津野から貸し出す自転車で観音堂めぐりをするお客様をお見受けするようになりました。ただ、この形態は、宿に着いた後の交通手段ですので、二次交通というよりも三次交通というべき利用形態です。

記事の内容は、民泊のように個人の所有物である自転車を、みんなでシェアしようというもの。具体的には、ソフトバンク社が鍵アプリを開発し、自転車提供者と利用者をマッチングし、マッチングが成り立ったら自転車のロックを解除して利用できるようにするものです。さらに、自転車に登載されるGPSが位置を感知し、マッチングや利用料金などに反映させます。

会津盆地内の平場に観光資源が集中している会津美里町では、こういう自転車の二次交通的利用も可能性があるのではないかと思います。それも、現在各自が所有する自転車を役立てればよく、アプリ導入などに多少の補助をすれば良いのではないかと感じます。

いまあるものに少し知恵を加えれば、現代に役立つ仕組みを構築出来るような気がしてきました。ただ前者は、現状を変更するということに拒絶感を持つ役所という組織に働きかけなければならないことなので、役所が内発的に考えて行動するようなことを考案する必要があります。いまは、役所の職員に対し「君なら出来る!」とプライドをくすぐることくらいしか思い当たりませんが、心理的な良い方法をお持ちの方がいらっしゃいましたら、その手法をお寄せいただけますと幸いです。

今日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】小室直樹の世界 | トップ | 【会津野】ペレットストーブ »

あわせて読む