会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】車検から考える権力構造

2017年08月10日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

昨日、車検をしてきました。3年前から乗っている軽自動車です。

なんと3年で8万7千キロも乗り、夏タイヤだけでもおよそ5万キロくらい走行したでしょうか。タイヤがだいぶ減っていたので、新品に交換することにしました。

近くのタイヤ屋さんで見積もりを取ると、工賃込みで4万5千円〜5万5千円くらいとのこと。ちなみに工賃のみでは、7千円ほどです。

その場では決めずに、帰ってきてからネットでタイヤを調べると、4本で送料を入れて1万5千円あまり。

ずいぶんとふっかけられたものです。

「その問題、経済学で解決できます」という本を読んだばっかりでして、そこには経済的差別と、その解決方法が載っています。

解決方法は、ズバリ、買い手が知識を持つことです。

見積もりと同等のエコタイヤを早速ネットで注文し、交換作業だけは、防サビ加工のオプションを付け加えてタイヤ屋さんにお願いしました。

タイヤ代(15,540円)+作業工賃(9,072円)=24,612円 にて、めでたくタイヤ交換を終了。(やったー!半分で済んだゾ!)

次に、近くの保険代理店で自賠責保険の更新手続きをしました。

こちらは、本土内の軽自動車自賠責保険料(24ヶ月)が25,070円と決まっています。

次に、自分で点検簿に従い、車のあちこちをチェック。点検簿を作成し、車検に備えます。

軽自動車の車検は予約制になっていて、今回は新潟の車検場を予約しました。(車検は、ナンバーの登録地に関係なく、どこの車検場でも受けられます)

当日は、事務所で重量税(5,000円)と、検査手数料(1,400円)を払い、ラインに並んで車検を受けます。

たまたま、ユーザ車検は私だけしかいなかったようで、係員の方が、最初から最後まで付き添ってくださいました。

係の方の指示に従い、排気ガスを測定したり、スピードメータのチェックをしたりし、難なく検査を終了してきました。

今回の費用をまとめると、

1.タイヤ交換  24,612

2.自賠責保険料 25,070

3.重量税    5,000

4.検査手数料  1,400

5.車検場までの交通費 1,500

合計       57,582円

不良箇所や消耗品の交換は仕方がないですが、それ以外は、保険料が大半を占めます。

日本の車検制度は、保険屋さんのためにあって、保険業界の発言力が強いのだと、あらためて感じました。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】書籍商の標識 | トップ | 【会津野】事業とゲーム »

あわせて読む