会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

みなさん読書してますか

2015年01月06日 | 旅行

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

私は大の読書好き。この年末年始は、宿の仕事の合間にマイケル・ルイスの著作2冊を読みました。

読んだのは、「世紀の空売り」と「ブーメラン」。

どちらも、2008年のリーマンショックのことを様々な角度から書いているもので、前者は「リーマンショックはなぜ起こったか?」を人間模様を交え詳しく記してあります。そして後者は、金融危機により財政破綻した「アイスランド」、「ギリシャ」、「アイルランド」の各国についてのその後や人々の考え方、納税者たちが大きな負担を受けることになったドイツのことなどが、細かく記されています。

グローバル化後の危機における対処の仕方や、考え方などを教えてくれる良書でした。

高校生の息子は、レイチェル・カーソンの「沈黙の春」を読んでいました。環境学のバイブル的存在であるこの書を読みながら、「恐ろしい、恐ろしい」とつぶやいています。1962年に出版されたものなので、内容は古いですが、農薬が生態系に与える影響などを科学的に解明している内容です。

私もずいぶん前に読んだことがありますが、同じく「恐ろしい」と感じ、それから食品を選ぶときなどに気を使った覚えがあります。

みなさんもこの年末年始にどんな本に出会われたでしょうか。

 

さあ、今日も楽しい一日を過ごしましょう。

※コメントはFacebook,twitterにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「羊」を使った言葉 | トップ | 宿泊代のインフレ »

あわせて読む