会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

関心を共有せよ。価値観は違ってもよい。それぞれの気持ちは理解せよ。

2015年04月16日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

気温6℃、今朝も雨上がりの会津です。JR只見線の一番列車がやってきました。会津川口から只見の間が災害によるバス代行、只見から大白川の間はなだれの恐れによる運休が、今朝も続いています。

ただ、連日の雨と春の暖かさで雪どけが進み、宿のある会津美里町とおとなりの昭和村を結ぶ国道401号線博士峠が、明日4月17日の正午に再開通すると発表されました。だんだんとツーリングで楽しめる道が増えています。

さて、この4月に開校した福島県立ふたば未来高校についての記事が、連日県内の新聞で報道されています。今朝は、劇作家の平田オリザさんが授業を行った様子の記事がありました。平田オリザさんの授業は、未来高校とは別にテレビ番組でもつい最近観ました。誰もが知っている大縄跳びを、縄を使わずに演じると、各演者が互いの動きを良く見ながら息を合わせてゆく。福島県の復興には、関心の共有が必要だということを言っておられました。そして、価値観は違っても良い、でもそれぞれの気持ちは理解せよ、と、伝えていました。

演劇については、観劇する立場はこれまでもありましたが、演出する立場で考えたことはありませんでした。

演劇に限らず、何かを実行するとき、人との関わり方の面で、この考え方はとても役に立ちそうです。私もふたば未来学園の仮想生徒として、報道をみながら勉強していきたいと近頃思っています。

今日も楽しく過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2030年の日本を想像して... | トップ | 未来の電力エネルギー »

あわせて読む