会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

栃木県北部は「そばどころ」

2014年11月29日 | 旅行

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

昨日、栃木県の矢板で「おそば」をいただいてきました。道の駅「やいた」のおそば屋さんです。

以前から友人に、「ここのそばは絶品だ!」と聞いていたので、昼間にここを通る数少ないチャンスとして寄ってみました。

素直に「ウマい!」が、その感想です。

店内のポスターには、お蕎麦屋さんをめぐるスタンプラリーのポスターがあり、30店舗ほどの名が記され、栃木県北部は大きなそば処であることを再認識しました。

まわりの田畑は、収穫期を過ぎたせいか閑散としており、野生の猿がひなたぼっこをしている姿を数多く見かけ、さらに「最終処分場反対!」の旗も、数多く見かけました。栃木県内で出た放射性物質の処分場についての議論が行われていることは報道で知っておりますが、もっともっと「そば」を積極的に作って、現在の放射線量をしっかりと測り、処分場により発生する放射線被害を数値でわかるようにして、補償にせよ遮蔽対策にせよ、十分に検討できる資料を用意し、今後はその両方の事業運営で地域を更に豊かにしていく選択肢もあるのではないかと感じました。

そばどころ「会津」でも、この季節は一年で一番「そば」がウマい時期です。まもなく出てくる「新酒」とともに楽しむ季節がもうそこまでやってきてますヨ。

今日も楽しい1日を過ごしましょう。

※コメントはFacebookにて承ります。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 災害時の宿屋の役割(覚え書き) | トップ | 温泉宿での芝居 »

あわせて読む