会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

小熊英二先生の本

2015年03月07日 | 宿主からのブログ

こんにちは。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

先日来、慶応大学教授の小熊英二先生の本を読んでいます。

最初に読んだ先生の本は、「日本という国」で、中高生向けに近代日本の建国についての歴史が記してある本です。福沢諭吉の「学問のすゝめ」を題材として、明治時代の教育がなぜ行われたかということや、太平洋戦争後の歴史がわかりやすく述べられているものです。

そして今回読んだ「『再生』東北」は、赤坂憲男先生(福島県立博物館長・学習院大学教授)、山内明美さん(一ツ橋大学大学院博士過程在学中(執筆当時))との共著で、東日本大震災と原発事故後の東北を考えるにあたり、昭和・平成の歴史とともに、社会における東北の位置づけを元に考察をされている内容です。

私が生きてきた昭和後期から平成の世は、自身の実体験もあることから、社会の大変化を来した出来事について、その影響を学者として具体的に述べられていることに、いちいち頷きながら読み進んでしまいます。

現代にほど近い歴史を読むことは、社会の流れがとても良くわかります。

この先生は、とてもわかりやすい文章を書かれる先生。素晴らしい本に出会いました。

今日も楽しく過ごしましょう。

※コメントはFacebook,twitterにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予約方法の進化と淘汰 | トップ | 牛乳からあげ »

あわせて読む