会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

地方創生の観光事業は盛りだくさん

2015年04月04日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

会津野は気温+5℃、曇った朝です。日に日に暖かい朝になっています。

この写真は、さくらんぼの花のつぼみです。6月下頃には、おいしい実の食べごろになります。会津のさくらんぼ農園で、おなかいっぱいお楽しみいただきたいと思います。

さて、政府が進める「地方創生」の政策により、具体的に実施される事業が地域の回覧板で配布されてきました。観光に関するものでは、

これは、グループ・団体旅行の旅費を補助するもので、夏休みの合宿などのご利用には便利です。

豪雨災害で一部区間が不通になっている只見線利用者に対する応援キャンペーンも行われます。今年の冬は、最も豪雪地帯である大白川~只見間で、雪崩のおそれにより2月中頃から現在に至るまで運転がなされていません。定期運行路線が、事故が起きたわけでもないのに、こんなにも長く運休するのは利用者が非常に少ないからです。鉄道遺産とも言ってもよいくらい美しい風景を残す路線ですので、ぜひ運転中に乗らないと、悔いを残すことになるかも知れません。

こちらは、外国人旅行者誘致に対する事業です。会津若松の市街地は、「英語」による案内看板などが多少は整備されているものの、市街地から外れると、日本語表記しか見当たらず、絵で案内するピクトグラムの整備もほとんどありません。ホームページなどの電子媒体は、google翻訳などを用いれば、世界中の言語に即座に対応できますが、人と人とのリアルな接点は、そうはいきません。有効なツールとなるよう期待したいものです。

観光のポータルサイトMisatonoが、いま運営されています。今後、「住みたいまち」の視点で情報がパワーアップします。楽しみですね。

このように、地方創生は観光分野が盛りだくさん。旅行者のみなさんからの生きた意見を聴きながら、この町の一員として素晴らしい町になるよう努力したいと思います。

今日も楽しく過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今度は梅のつぼみがふくらん... | トップ | 自立の意味を考えてみよう! »

あわせて読む