会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

起床時刻と睡眠時間

2015年03月14日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

会津野は雪、気温−2℃の朝です。

今日は睡眠の話題を。

宿を運営していると、朝早くから活動的に行動する方と、朝はのんびりと、朝食もいらないという方がいらっしゃいます。

朝早くから行動する方は、毎日の起床時刻がほぼ同じようで、仕事も学校も休日も同じ時刻に起きるのです。そうすると、昼間の活動時間帯は元気に過ごし、夜になると自然に眠気が襲ってきて、無理に夜ふかしをしようとはしない。

神田東クリニックの高野先生は、この起床時刻を一定に保つことが、自然な睡眠リズムを作ると言います。

では、睡眠時間はどのくらいが適切なのでしょうか。

日本快眠協会の研究では、1日7時間の睡眠が一般的に最適だとのこと。短くても長くてもどちらも良くない。

午後11時に寝て午前6時に起きるというような生活が望ましいのでしょうが、なかなか思い通りに行かないのが実際です。

全ては心がけなのでしょうが、「毎朝起きる時刻が一定となるようにしよう」と潜在意識に摺りこんで、健康でいたいものです。

今日も楽しく過ごしましょう。

※コメントはFacebook,twitterにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無線送電あれこれ | トップ | 「スキー」まだまだ楽しめます! »

あわせて読む