会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】アナログ広報・デジタル広報

2016年07月13日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今回の参議院選挙が終わり、おもしろい放送を聴きました。

民放TV各局の選挙特番を見比べ、それについてコメントしたプレ鹿島さんが、小泉進次郎衆議院議員の候補者応援演説のことを報じた各社の報道を分析していました。それによると、小泉議員は、SNSを使わずにあえて露出をしないようにし、アナログ的な方法で地方を歩き握手してまわりながら、マスである高齢者の支持を集めたとしています。

世の中の情報発信手段として、SNSは大きな注目を集めています。SNSは手間を惜しまなければ、費用をほとんどかけずに大きな効果を出す広報手段です。しかし、若手である小泉代議士は、SNSを使わずに投票行動を直接行う有権者に向けてface to faceでの広報に力を入れています。

SNSは原理的に露出を求めて行うものですが、一次情報を発信した人の思惑とは違う内容での拡散で問題が発生することも多々あります。

小泉氏のSNSでの露出は、他者による二次情報としてしか発信されないので、本人の思惑はface to faceの場に限定されています。

近頃、私の周りにもSNSをやめる方々が少しづつ出始めました。さまざまな理由があるものの、自分の情報が統率の取れないところへ行ってしまうことを防ぐ行動を感じることも多いものです。

小泉氏が応援演説した地域で勝利したところと敗退したところが存在するので、この件に関してどちらが良いのかは一概には語れません。

ただ、

「デジタルでは露出をコントロールしつつ、現場ではface to faceに力を入れる」

2010年台後半は、こういうやり方が良いのかなと、今回の参議院選挙をみていて感じました。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】映画「マネー・シ... | トップ | 【会津野】書籍「『育休世代... »

あわせて読む