会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】日本国憲法の入門書的な本を読んでみた

2016年08月24日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

台風9号による大雨が降りました。国道401号線の博士峠が土砂崩れで通行止になってしまいました。

晴耕雨読、この度は憲法の本を読んでみました。「テレビが伝えない憲法の話」(木村草太著)です。

木村草太さんが出演されたラジオ放送を何度か耳にしたことがありますが、いつも隙の無い論理的な口振りで、なんだか難しそうな学者さんだなという印象を持っておりました。

しかし、この本を読んだら、そんなことなく、わかりやすい文体でやさしく憲法のことを伝える憲法学者なのだなと感じました。

「テレビが伝えない〜」という題名から、テレビが意図的に伝えないことを書いてあるものかと最初は思いましたが、著者による「あとがき」にもあるとおり、時間の限られたメディアで伝え切れないことという意向で書かれた本でありました。読んでみると、なるほど憲法を理解するにはかなり複雑なことをひもとく必要があるのだなと感じることひとしきりです。

この本では、憲法全体の構成と三権分立のこと、戦争・戦力に関する憲法9条、憲法改正要件を定める96条のことを詳しく解説しています。

さらに、GHQよる起案から憲法成立過程における「押し付け憲法論」についても、詳しく述べています。

憲法って「文字通り」に読めないところがたくさんあり、一見すると難解ですよね。でも、この本を読むと前提条件などがすんなりと理解出来ます。憲法に興味を持った方にはとえもオススメな入門書です。

今日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】映画「博士と彼女... | トップ | 【会津野】会津野がFM放送で... »

あわせて読む