会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】人を育てるコストと損失

2016年12月26日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

昨日のエントリー【会津野】真珠湾攻撃では、真珠湾攻撃が起きたときの背景を書いてみました。

小室直樹博士の「日本の敗因」からの引用でしたが、この本は、戦争での敗戦原因を掘り下げ、日本社会の病巣は一体何なのかということを考えたものです。

「人」の育成について述べてある部分が、大変参考になりますので、少し長いですが引用します。

★ ★ ★

人材を育てるには、もちろんコストがかかる。多大なコストである。

しかし、ここに国の命運がかかっているのである。何が何でも急がなくてはと、コストなど気にせず、人材の育成に国をあげて取り組んでいたら、「ゼロ戦」の後継機の誕生はもちろん、大東亜戦争のさまざまな局面で、歴史とは大きく異なった展開があったに違いない。

コストがいくら多大であっても、戦争そのものに負けることを考えれば、安いものなのだ。

新しいアイディアを出せ。可能なことはすべて試みよ。失敗したっていい。試行錯誤でいいのだ。

優秀な頭脳に向かって、そう号令を発し、「責任は自分がとる」と断言する指導者がいれば、事態は異なったものになる。それがリーダーの役割である。

戦争責任者とはそういうものなのだ。

人材の育成は、戦争が始まってからでは遅いという部分もある。戦前から、そのことを重要課題と認識し、思い切ってコストをかけてでも、多数の技術者を養成するべきだったのだ。

日本は当時、列強中、飛び抜けて貧乏であった。

だから、そんなにコストはかけられないという意見もあるかもしれない。だが、貧乏だからこそ、人材にコストをかけるのだ。

「資源の最適配分」(oputinal allocation of resources)の戦略として、それが最善の方法なのだ。優れた技術者の大量養成こそが、コストに対する最大の成果をあげる選択なのだ。

「そのためのコストは大きい」といったところで、実際に飛行機を作ってみることに比べれば、たかが知れたものなのだ。

いわんや、「できるはずの飛行機が失敗作に終わった」「完成期が遅れた」ことに比べれば、その損失は問題にもならない。まして、「戦争に間に合わなかった」ら、かけた費用はすべて無駄になる。さらには、そのために戦争に負けたら、コストは無限大である。

資源の最適配分こそ、資本主義の要諦なのだが、戦前の日本は、ここに思いが至らない。

大きな見地からいえば、これが最大の敗因である。

現在の日本でも、資源の最適配分については、ろくに考えない。歴史の教訓から学ぶということをしない。

これから先もどんなことになるのやら。そう思わざるをえないのである。

(中略)

日本は物量戦に敗けたのではない。技術力で敗けたのでもない。指導者の無能力が原因で敗けたということがよくわかる。

★ ★ ★

2020年の東京オリンピック、インバウンド開戦のときが定まっています。

インバウンドの受け入れ戦力と、商品開発をする頭脳の育成は進んでいるだろうか。

このコストをケチったら、観光立国への戦いに敗れ、その後長い間に渡る貿易赤字国へと陥る損失を生む。

観光立国への指導者が、有能であることを願わずにはいられません。

今日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】真珠湾攻撃 | トップ | 【会津野】只見線駅活用の思... »

あわせて読む