会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】民泊で参考になるシェアハウスの脱法ハウス議論

2016年02月17日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

写真は昨日夕方の磐梯山です。今朝はきれいな日の出が見えたにもかかわらず、お天気は下り坂。マイナス4℃の会津野です。

昨日は、「これからのシェアハウスビジネス」(三浦展、一般社団法人日本シェアハウス協会共著)を読みました。

民泊に先立つ不動産分野のシェアリングエコノミーがシェアハウスとして展開される際、建築基準法の部分でグレーであった「脱法ハウス」のことについて、詳しく書かれています。この分野は、UR(独立行政法人都市再生機構)も展開をしていたので、URの物件をもが脱法ハウスとなってしまう社会背景から、法的に問われる住宅か寄宿舎の判断についての変遷があります。

いま民泊で議論していることは、簡易宿所か住宅かということが、その本質です。

社会状況が変われば、法規制体系も変わるべきだとは思いますが、なかなか法的な整理が追い付いていないというのがその現状です。

そのうちに、業界団体として日本民泊協会みたいなものが作られて、そこで運営ガイドラインを作っていくことになるのかなと感じています。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】シェアリングエコ... | トップ | 【会津野】日本型DMOの研修を... »

あわせて読む