会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】経済学からライフスタイルを考えてみる

2015年11月17日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

朝5時過ぎです。外は暗いものの、星がたくさん見える9℃の朝です。

「『定常経済』は可能だ!」(ハーマン・デイリー{聞き手:枝廣淳子})を読みました。

環境ジャーナリストとして知られる枝廣淳子さんが、経済成長ではない「定常経済」について、デイリー教授に聞いた内容となっています。

9月にGDPを600兆円とする「新アベノミクス」が発表されました。ハーマン・デイリー教授は、こういう手法で経済を大きくするのではなく、環境にある資源の利用量や廃棄物の総量を決め、その中で質を良くしていくことを目指すべきと言っておられます。それが「定常経済」です。

アベノミクスで経済成長しても、資源や廃棄物などの面で持続不可能となってしまっては、やはりいけません。

個人の暮らしは、持続可能でなければいけませんので、エネルギー使用量などの上限を定め、その範囲内で暮らす「定常経済」的なライフスタイルが求められます。

本当はデイリー・ハーマンの「エコロジー経済学」を読みたいところですが、ちょっとお高くて手が出ません。残念ながら、福島県内の図書館にもありません。デイリー・ハーマン氏は、これからのライフスタイルを示唆しているので、なんとも読んでみたいものです。

非認知能力で重要なのは「自制心」と「やりぬく力」ランダム化比較試験に書いた中室牧子氏も経済学者でしたが、彼女は教育のことに言及されていました。2つのエントリーで紹介した本は、いま本屋さんで大きく取り扱われています!

経済学を他の分野に派生させた書物を読む機会が増えて来ました。今日は、経済学を観光へと派生した先生とともに、観光地視察へ行ってきます。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】今シーズンの営業... | トップ | 【会津野】これから売るもの... »

あわせて読む