会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】自然とともに生きる

2015年07月19日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

くもり空、22℃の会津野です。今日は、降水確率が最大でも20%ほど。雨はだいじょうぶそうです。田んぼの稲もおおきくなり、あと10日ほどで受粉期を迎え、稲の花が咲きます。

知人から勧められた「里の時間」(芥川仁、阿部直美共著)を読みました。

里の暮らしを描いた短篇集です。冒頭に会津美里町松沢地区の様子が紹介されています。「玄関から一歩出っと今晩のおかず」という表題で、山の恵みとともに里の暮らしが存在し、とても豊かな暮らしであることが現されています。

近くの新潟県阿賀町平瀬地区のことも紹介されています。

近くのことが載っているので、なんだか親近感を感じ、あっという間に読んでしまいました。

四国で生きる翁の話として、「~生まれてこのかた百姓をやってます。戦争からも生きて帰って来て健康に暮らしています。~」というところがありました。一時期営農が途絶えても、また自然は恵みをもたらし、健康に暮らせていけることの証を言っています。そこには努力が必要だけれど、自然とともに生きるあたりまえのことがあります。

「自然とともに生きる」

大事なことですね。

今日も素敵な1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】クリエイティブな... | トップ | 【会津野】絶望の国の幸福な... »

あわせて読む