会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

領収書の電子化からはじまる生産性の向上

2015年02月13日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今朝の会津野は、雪、−6℃。昨晩は強風が吹き荒れ、吹き溜まりが1mほどに達しています。

除雪をしていたら、JR只見線の列車が、雪を巻き上げながら走ってゆく姿が見えました。心強い限りです。

さて、確定申告の時期が近づいてきました。コンピュータが一般的でない頃、私みたいに個人事業を行う者は、領収書などの書類を整理して、帳簿を作成し、決算を行うために、多くの時間を要していました。

いまは、パソコンが一般的となり、便利なソフトもたくさんありますので、日々のデータから「本日時点の決算」のような事業の把握も適宜できるようになりました。昔は、日々把握できるものは残高くらいだったので、あとは未払い分や未収分、さらに原価償却などのだいたいの数字を頭に入れて、ざっくりとした感覚で事業を行っていたと思います。正確な数字を把握しながら、時間は事業そのものに使う。パソコンは、すべての事業において生産性を向上する役割を十分に果たしていますね。

先日の報道で、税務申告に必要な領収書などの書類を、近い将来に電子化してpdf形式で受け付けるとの発表がありました。

日本中で、日々、領収書などの伝票が大量に作成されていますが、領収書類などの電子化が一気に進むようになるような気がしています。

例えば、買い物したら、メールで自動的に領収書のpdfが送られてきたり、それらのデータ集計を容易にするために、計算可能な共通のデータ形式が世の中にお目見えするかもしれません。

スーパーマーケットのレジで、お金を払ってレシートを受け取るという現在の仕組みが、スマホをかざして領収書もスマホ(実際はデータセンター?)にたまり、データセンターで収支が自動計算され、本日時点の財務状況(決算)がスマホに表示されるというように。。。

領収書の整理をしていた頃がなつかしいという時代が、もうすぐそこまで来ているようです。

今日も楽しい1日を過ごしましょう。

※コメントはFacebook,twitterにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校がなくなる? | トップ | 離島の旅を思い出しました »

あわせて読む