会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

Radio Shack

2015年02月09日 | 旅行

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

会津野は、雪、−7℃の朝です。

みなさん、Radio Shackというお店をご存知でしょうか。

思えば18歳ではじめてアメリカを旅したとき、いろんな街でみかけたものです。1980年台の話なので、創業時からの主力販売商品であるアマチュア無線の機器を販売しているお店に、オーディオの機器が同居しているような商品構成でした。

その後、家電量販店として4000店舗を持つ企業に成長したようですが、残念ながら破綻のニュースが入ってきました。

ニュースでは、破綻の原因はネット通販に押されたとのこと。日経紙ではAmazonに押されたと名指ししてRadio Shackの破綻を報じてました。

それに対し、日本の大手電気量販店からは、量販店自らがネット通販に力を入れている(ヨドバシカメラ)から同じようなことにならないとか、洗濯機などの設置業務が付随しているから大丈夫だというようなコメントが出ています。

本当にそうでしょうか?

ネット通販にお客さんが流れるのならば、実店舗はどんどん減っていくだろうし、設置業務だって、設置業務専門の仕事をこなす人が地域にいればOKですよね。

Radio Shackの一部の店舗は、携帯電話大手のスプリントが取り込むようです。立地条件の良い店舗だけ携帯電話屋さんになるということでしょうか。

いまは、携帯電話に使うSIMカードと、SIMロックフリーの端末そのものもネット通販で買える時代です。

結局は、携帯電話の実店舗もそのうち淘汰されるような気がします。

電気屋さんや携帯電話ショップは、これから実店舗にしかない価値を作らなければ生き延びて行けない試練が与えられるのでしょうか。

世の中、いろいろと考えさせられるものです。

今日も楽しい1日を過ごしましょう。

※コメントはFacebook,twitterにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンピュータ言語のはなし | トップ | 旅と物々交換 »

あわせて読む