会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

ファストフードの人気ランキング

2014年12月29日 | 旅行

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今朝は小雪が舞っています。気温は−6℃の朝です。

ネットでおもしろい記事を見つけました。Best and worst fast-food restaurants in America

「Slow Life Slow Food」を追求している我が宿において、対極のファストフードの人気動向を知るのも良いかなと思い、英語の記事ですが読んでみました。

ハンバーガーについては1位から21位までが点数順に並んでいます。私が日本で食べたことがあるのは、14位のWendey's、17位のA&W、19位のBurger King、21位のMcDonald'sという下位のものばかり。

このうち会津で食べられるのは最下位のマクドナルドだけです。そしてChicken分野でも、最下位のKFCだけです。

アメリカにおけるランキングなので、日本に当てはまることはないでしょうが、さまざまなハンバーガーを選んで食べれる国は、なんと言ってもアメリカ。ハンバーガー界の最前線の評価であることは正しいだろうと感じます。

以前、「マクドナルド化する社会」という本を読んだことがありますが、この本はマクドナルドが仕事をマニュアル化して生産性の向上を追求し利益を上げることを説いたもので、この手法がどんどんグローバル社会に広がる様子を描いています。どんな店員が調理しても同じ品質の商品を提供し、最短の時間で商品を提供するなどの店舗における生産性の向上の行き着くところが示されていました。

サービス業における生産性の向上が日本の景気浮揚に欠かせないと巷では言われていますが、生産性を追求する先にあるのは、この評価に示されるようなことだと思いました。

人々は、生産性を追求しつつも、本当に自分が欲しい製品・サービスに向かう。これが性というものでしょうか。

とどのつまりは、どちらもあって然るべしということか。

今後何年かで、生産性を追求する大手チェーン店の他に、人々を魅了するローカルなお店との二極化が進むことになるのでしょう。

どちらを目指すかって? 私の場合は、当然、後者のローカルな方でしょう。

なんだか、ローカルなハンバーガーを求めてアメリカ大陸をさまよいたくなってきました。

旅に出ようかな?

今日も楽しい1日を過ごしましょう。

※コメントはFacebook,twitterにて承ります。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みなさんにとっての好きな生... | トップ | 今日はもちつき »

あわせて読む