会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】デマ・流言の構造

2016年04月18日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

まず、今回の熊本地震に遭遇された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

会津野は、いつものような朝を迎えています。気温は12℃、春爛漫です。

ここ数日、TwitterなどのSNSで、「川内原発で火事」のようなデマ・流言と呼ばれるものがたくさん見られます。

先日、社会学者の宮台真司さんが、「法」と「超自我」による流言の構造をお話されていました。

「法」は、社会のルールとして「禁止事項」などを定めたもので、自我を制限するものです。その抑圧のなかで、震災被害者などの保護されるべき対象に対し、抑えきれない自我が発露してしまうことが、デマ・流言につながるというものです。

東日本大震災のときも、福島の被災者は優遇されているということから、謂れのないデマ・流言が横行したことは、まだ記憶に新しいものです。この5年で、そういうデマ・流言がどのような構造で行われたかの解明も、膨大なSNSデータから明らかになってきています。その発信元や伝搬状況の特定も出来るようになってきていますので、疑わしいことは伝搬させないよう、社会全体で気をつけたいものです。

九州の被災者の方々は、度重なる余震で心身が参ってきていることと推察します。我々のような宿屋は、被災者の方々が安心して避難する場所としての機能も有しています。

会津は、食料自給率500%、エネルギー自給率120%(どちらも私が試算したもの)の地域です。被災者の当面の避難も受け入れます。被災してお困りの方は、どうぞ避難先としてご利用くださいませ。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】仙台にオープンす... | トップ | 【会津野】会津の桃源郷 »

あわせて読む