会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】カタカナとひらがな

2017年01月02日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今日は1月2日。「書き初め」です。今日は言葉の話を少々。

明治時代に制定された法律などに、カタカナ言葉があります。私は、送り仮名にカタカナを用いている文章が極めて苦手です。現代人は、平仮名による送り仮名の圧倒的に読みやすいですよね。

では、なぜ、明治時代にカタカナ言葉を使ったのか?

私たちの世代は、小学校で最初にひらがなを習い、その後にカタカナを習いました。

ところが、明治時代は、カタカナが先で、ひらがなが後だったのです。

日本語の歴史上、カタカナを先に習得するということは稀なケースだったようですが、なぜ明治時代はカタカナが先だったのか?

その答えは、ひらがなは丸っこくて書きにくく、カタカナは直線的で書きやすいだろうという、当時の文部省の判断があったからなのです。

他にも説はありますが、”言葉で”記録が残っているのは、こういうこととなっています。

シカシ、アマリ考エラレタ事トハ思エマセンネ。

あー、読みにくい。

やはり源氏物語の時代にすでに使われている「ひらがな」の方がいい。

日本人の心を正月の朝に再認識しています。

今日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】風見鶏的 年男の一... | トップ | 【会津野】会津の初市 »

あわせて読む