会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】クリの花のつぼみを観てLOHASな生き方を考えてみた

2015年05月31日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今朝はどんよりと曇った会津野です。気温は17℃。時折、雨つぶを感じる朝です。クリの木の雄花が開花しそうです。枝からひょろっと伸びているところに小さな毛のようなものがこれから開き、それが雄花。枝に近いところにちょっと膨らんだ花も開きます。それが雌花です。雌花に受粉すると、おいしい「クリ」を私達に恵んでくれます。

以前、青森の三内丸山遺跡を訪れた際、縄文期の人々は「クリ」を主な食料とし、それを保存しながら1年を過ごしていたとの記述がありました。農耕が始まる前から人々の食料源となっていた「クリ」は、現代でもたくさんの人々に好まれています。人の嗜好は、長いこと変わらないことの現れなのでしょうか。

一方、先日読んだ本「そのサラダ油が脳と体を壊している」では、サラダ油に含まれるリノール酸や、マーガリン・ショートニングに含まれるトランス脂肪酸が、人の神経細胞を壊し、寿命を短くすること、うつや認知症の発生を増やすことなどが記されていました。日本で油ものをより多く食べる沖縄は、寿命が長いことが知られていますが、豚のラードを主に使っていた時代と現代のサラダ油使用の時代を比べると、寿命が著しく短くなっていることがわかります。そして、うつや認知症も増えています。

サラダ油の原料となる「コーン」や「菜種」は多少のリノール酸があるものの、そのままでは害にはなりません。これを加熱処理し使いやすいように製品化する過程やその後の加工時に、身体に害のある物質に変化します。

自然に存在する食料は、なるべくそのままか、お日様で干して乾燥させるなどの、古代の方法をなるべく踏襲する方が、身体に良いのかもしれません。

いろいろと勉強しながら、LOHASーー「lifestyles of health and sustainability」(健康 と持続可能性の、またこれを重視する生活様式)ーーな生き方をこれからも追求したいと思います。

今日も素敵な1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】経済的な考えで誘... | トップ | 【会津野】福島県の旅行券は... »

あわせて読む