会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】民泊の新法令の方針が報道される

2016年03月15日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

風が強い0℃の朝を迎えた会津野です。

今朝の日経新聞1面トップで、民泊の新法に関する方針が報道されました。

いままでの流れを含め整理すると、

1.国家戦略特区により民泊営業を限定的に今年1月に解禁。この解禁は7泊以上の利用だけということと、地域の条例制定が必要とされている。この仕組みを用いた民泊業者は、わずか3件しか誕生していない。

2.今年4月に旅館業法の簡易宿所営業の基準が緩和される予定。この規制緩和により、面積基準が事実上なくなる。しかし、簡易宿所として必要な建築基準法上の基準および消防基準は、現行のものが適用される。わかりやすく言えば、事業は可能になるものの、設備投資が必要となる。

3.2017年の通常国会(2017年1月?)に、民泊を旅館業法の適用外とする新たな新法を提出する。この新法では、住宅で民泊営業できることとし、事業者には近隣とのトラブル対応や事業者としての登録など、一定の規制を施す。

つまり、今年4月からは、小さな住宅を旅館業法の簡易宿所という基準を満たす対応をすれば民泊営業が出来るようになり、新法が成立後施行されると、旅館業法の基準には関係なく、新たな規制下での事業運営が出来るようになる予定です。

この新法は、現在のところ、登録業者として、旅館業者、宅建業者などを想定しています。すでに旅館業を営む業者や空き物件を持つ不動産業者が、その対象の中心になりそうです。

いままでの民泊といえば、子どもが独立して空いた部屋を旅行者に貸すというイメージのものでしたが、この新法で想定されるのは、トラブル対応をすぐに可能とするある一定の地域に分散した部屋の集合体を旅館として提供するものです。

なので、個人の空き部屋を貸すいうよりは、旅館営業のノウハウと集客ノウハウを有する事業者が、事業用資産をアウトソーシングで調達するようなイメージで民泊が推進していくのでしょう。

ちょっと待てよ!

これって、民泊に反対している既存の旅館が、新たに事業拡張するのに打って来いではないですか! しかも、投資をほとんど必要とせずに事業を拡張でき、失敗したらすぐに縮小も出来る。

どんな旅館業者がロビー活動をしたのだろう? 久々の大ヒットですな。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】秘境地域とインバ... | トップ | 【会津野】会津 哲学の木 »

あわせて読む