会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

人間が駄目になる

2014年12月25日 | 旅行

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今日は衝撃的な見出しですが、この記事は昨日(12月24日)付け福島民報の記事です。

この連載記事は、原発事故の賠償問題について、さまざまな業種の実態を描写しています。

ここで取り上げられたのは、私と同じ宿泊業の賠償についてで、となり町の下郷町のものです。

宿泊業の風評被害からの立て直しをはかるものの、なかなか長いトンネルから抜け出せずに、施設管理費用と人件費に賠償金が費やさていく。何をやってもダメで、だんだんとやる気と心が蝕まれ、人間がダメになっていく様子が記事から読み取れます。

私も長いことこういう心境が続きましたが、原発事故があるなしに関係なく、ヒトは新しいことに挑戦して道を切り開いて行かねば成長はないと、あるとき気付きました。隣国の財閥バッシングを見ても、あれだけ隆盛を誇った財閥が事件を元に崩れはじめている様子を感じますが、財閥ももまた組織を改変し、新しいことを始めて再興をはかることになるのでしょう。

そう、安定というものはあるとき崩れ去るものなのです。

賠償金をもらえる間は、失敗してもまた立ち直れるとプラス思考に考え、あたらしいことに挑戦をしていく福島人の底力をみせようではありませんか!

今日もあたらしいことを考えて、楽しい1日を過ごしましょう。

※コメントはFacebook,twitterにて承ります。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 直筆のお手紙 | トップ | アンテナショップ考 »

あわせて読む