会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】技術的失業の反対側へ行くには?

2016年01月26日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

大寒波も峠を超えたものの、まだちらちらと雪降る会津野です。気温は−4℃、積雪は40cmほどです。

週末に行われたダボス会議のことが報道されています。「技術的失業」ということが話し合われ、AIや人工知能の発達による第4次産業革命(Industry 4.0)が及ぼす人々の失業について議論がおこなわれました。

一方、このブログのテーマのように扱っている「民泊」にも動きがありました。厚生労働省と観光庁の政府有識者会議が、民泊を旅館業法のうち簡易宿所として許可を必要とする決定をしました。現在の簡易宿所は、33平方メートル以上の面積がないと許可されませんが、これを実質撤廃し、他にもフロント設置要件などを緩和する内容となっています。

並行して、IT基本法の改正も議論されており、インターネットを使った仲介業者が、トラブル対応などの業務を行う方向性も出てきています。

Amazonが台頭してから、街の本屋さんの廃業が多くなりました。本の販売という業務のうち、「おすすめ本」などの知的な分野がネット上で実現され始めたら、街の本屋が失業してしまった良い例だと思います。

宿屋の業務も、近いうちに知的な案内業務がネット上に移り、立地と施設の内容により選ばれていくように特化してくるのだろうと感じています。

そういう施設を規制緩和される民泊が低コストで利用者に提供することを担い、ネット事業者は知的な勧誘を行うようになるかもしれません。

例えば、萩(山口県)の宿を予約した利用者に対し、「会津若松にもおすすめの宿がありますよ」というような感じで。。。

これから失業していく業種には、パン屋もあげられています。

ただこちらは、まだパン屋のインターネット仲介業がお目見えしていません。パン屋の知的部分はまだしばらくは、そのままです。

さまざまな業界で、技術的失業の反対側へ行くことを考えなくてはなりませんね。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】冬のための準備は... | トップ | 【会津野】ユーザ車検って案... »

あわせて読む