会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】読書会と未読座談会2

2016年01月20日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

雪降る−5℃の会津野です。

昨日のエントリー【会津野】読書会と未読座談会で、ヘッセの「車輪の下で」のことをお知らせしました。

昨晩の答え合わせの放送も、大変興味を持って聴かせていただきました。

まず、私の感想から言うと、社会に押し潰されてしまう描写を、鬱という言い方が無い時代に丁寧に記してあることが一番印象に残りました。いつの時代も、社会の中で生きることには困難があるのだなということも感じました。

また、主人公の少年の描写も、国の違いを超えて思春期特有の「あるある!」という気持ちに動かされるところがたくさんありました。

作家の三浦しをんさんやパーソナリティーのみなさんも、それぞれ感じるところが多くあったようで、抑圧された自主性にイライラするという意見もありました。

この未読座談会のきっかけとなった「罪と罰を読まない」という未読座談会を本にしたものと、「罪と罰」(ドフトエフスキー)そのものも、読んでみたくなりました。

晴耕雨読ならず、晴耕雪読もよいものですね。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】読書会と未読座談会 | トップ | 【会津野】インバウンドと民... »

あわせて読む