会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

『学問のすすめ』

2015年03月19日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

会津野は気温0℃、冷たい雨の朝です。

昨日は、宿の店頭で毎週水曜日に開くパン屋の営業日でした。パンの店頭営業をはじめてから、かれこれ半年になります。丁寧にお一人お一人に淹れるコーヒーサービスも、みなさまよりご好評をいただき、おいしい豆選びにさらに気持ちが入ります。

先日「学問のすすめ」を読みました。『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』という書き出しは中学校の頃に習ったものの、書物として読んだのは、恥ずかしながら40代も半ばの今になってはじめてです。現代語訳が出版されているので、とても読みやすかったです。

「品格を高める」という項では、学問の活かし方として、「読書・観察・推理・議論・演説」という5段階を福沢諭吉は示しています。読書して知識を得、観察して世の中の事柄と知識を結びつけ、道理のうちのわからないものを考え、友と考察をさらに深め、そして形ある姿で現すという5つのことをせよと説いています。

コーヒーについても、まず基礎知識を学び、人々がどんなコーヒーを欲するのか?、まだ提供できていないことは何か?、こんなコーヒーはどうだろうと相談、そして、店頭での提供の繰り返しをしてきました。

私のやっていることは学問ではないですが、明治はじめの混乱期の教えは、いまでも生きていると感じます。日本で最初と言われるベストセラーとなった本は、出版から140年経ってもやはりスゴイものです。

今日も楽しく過ごしましょう。

※コメントはFacebook,twitterにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陽がのぼる | トップ | しぼりたての自家殺菌牛乳 飲... »

あわせて読む