会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】関東東北豪雨後のJR只見線1番列車が走りました

2015年09月29日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

薄暗い14℃の曇りの会津野です。写真の中に2両編成の列車が走っているのを見つけられるでしょうか。

今朝、関東東北豪雨で不通になっていたJR只見線に、復旧後の1番列車が走りました。このところ、線路がサビつき、無音の線路が続いていました。しっかりとメンテナンスをしていただきながら、地域の足として走り続けることを願いたいものです。

さて、昨日「クリ」をたくさん手に入れてきたことを書いたばかりです。今朝の新聞に、「クリ」と人々の長い暮らしについての記事がありました。

「クリ」は、単位面積あたりの生産性がさほど高くない作物です。しかし、食料であることの他に、木材としての利用できる多面性のある生産物です。しかも、手入れなどの手間がさほどかからず、他の生産分野との両立ができます。記事にあるように、近代は、木材利用が急減し実の大きくなる丹波グリへの栽培へと移行が進みましたが、淘汰という波はなく、人々の暮らしに併存しているものと言えます。

江戸時代に起きた人々の移動から始まったと言われる「宿屋」は、近年「観光利用」へと大きく変化しました。しかし、ただ豪華さを求め栄えた宿屋は姿を消し、本質的な価値を持つものしか残らないようになってきています。

宿屋も一時の盛衰にかかわらず、人々の暮らしに併存しなければならないと感じました。

今日もすてきな一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】秋ですね | トップ | 【会津野】映画「グランドブ... »

あわせて読む