会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】杉原千畝外交官

2016年01月22日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

積雪15cmほど。今朝は、ひらひらと静かに雪降るマイナス4℃の会津野です。

昨日は野菜たっぷりのラーメンをいただいてきました。除雪のエネルギーを補給し、元気に除雪をすることができました。

先日、あるセミナーで杉原千畝外交官のことを聴きました。ドイツナチスによるユダヤ人迫害のとき、リトアニア領事として日本の通過ビザを発給した方です。70年以上たったいま、日本を訪れるユダヤ人の多くが岐阜県八百津町にある杉原千畝記念館を訪れているというのが、その内容です。

セミナー講師を担当された自治体では、このインバウンドのお客さんを、ユダヤ人国家であるイスラエルに対し、観光PRをしようとしています。

現在公開中の映画「杉原千畝 スギハラチウネ」が、当時のことを伝えていますが、残念ながら近くの映画館の上映スケジュールがうまく合いませんでした。DVDレンタルショップをのぞいてみたら、2010年によみうりテレビが作成した杉原千畝「命のビザ」のレンタルがあったので、早速観てみました。

ポイントは、難民の人権に沿った判断をしたのだなということ。

当時よりもさらにグローバル化し、ヒトの移動も爆発的に多くなったいま、難民の移動に対することを世界中が考えなくてはならないもの。

いったい我々は、何が出来るだろうかと考えさせられました。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】インバウンドと民... | トップ | 【会津野】只見線のSL運行の... »

あわせて読む