会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】平成27年関東・東北水害におけるJR只見線被害について

2015年09月15日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

9月10日、11日の関東・東北水害により、宿の近くのJR只見線が不通になっています。JRの発表によると、西若松駅~会津本郷駅の間に掛かる阿賀川の鉄橋において線路が3cmほど川下方向へゆがんでるとのことです。昨日(14日)に現場を見てきましたが、言われてみると中央付近の線路が若干ゆがんでいるようにも感じます。補修および安全確認をしていただき、早期の再開を願いたいものです。

運行再開までの間、宿に会津若松方面から宿においでになるには、西若松駅17:12発の会津川口行き、または、会津坂下行き代行バスをご利用ください。これが最終のバスとなります。なお、会津高田駅のご到着に合わせ、送迎の車を出します。

只見線の小出口よりおいでのお客様は、17:06および20:09の2本に送迎を行います。

朝のご出発は、会津高田駅発6:40の西若松行き、7:10の会津若松行きの2本しかございません。それぞれ、ご希望時刻の10分前(6:30または7:00)に送迎の車を出します。

小出方面にご出発の方は、会津高田駅発8:24の会津川口行き代行バスに間に合うよう、8:15に宿を出発する車を出します。

なお、JR発表の代行バス時刻表は以下のとおりです。(JR東日本仙台支社2015.9.13発表のものより転載)

この9月からは、宿にお泊りの方で只見線応援団にご入会いただいた方に、沿線の商店などで使用出来る商品券を配布しています。今回の災害によりさらに応援団の必要性が増しています。日本の原風景の中を走る只見線は、旅の魅力を大きく有しています。この価値が度重なる災害で失われようとしています。福島県が観光資源として指定している「只見線」を失うことは、国立公園を災害で失うようなものです。これからも、ぜひみなさんの只見線応援をお願いしたいと私たちは思います。

今日もすてきな一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】努力し結果を出す... | トップ | 【会津野】「だから日本はズ... »

あわせて読む

関連するみんなの記事