会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】沖で待つ

2017年05月11日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

芥川賞受賞作を読んでみました。「沖で待つ」(絲山秋子著)です。

短篇2つからなる書物です。どちらも「死」がからむ仕立てのものなのに、推理小説という感じはなく、大どんでん返しが含まれている、なんとも不思議な小説でした。

女性の、職場における同僚や上司との関係性を細やかにあらわしている文章に惹かれました。私は男性の読者として、女性の職場感や、同僚・上司との距離感などについて、「へぇ~、そんな風に思うのか?」というような新たな発見がたくさんあります。

同じ芥川賞を受賞された村田沙耶香の本を読んでいても感じたのですが、性的な表現がより現実的な感じがしました。男性作家の場合、「こうあったらいいな」というような感覚を感じるのですが、この2人の女性作家の場合は、女性目線でのリアルな感覚が良く伝わってきます。

理想よりも現実。よくありがちなハッタリのない、リアルな社会での生き様を表現している書籍でした。

今日も素敵な一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】新規事業?それと... | トップ | 【会津野】「観光(sightseein... »

あわせて読む