会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】「ストック」から「フロー」へ

2016年02月25日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今朝はくもり空で、時折雪が舞います。気温はマイナス3℃の会津野です。

今朝の新聞で、マイナス金利下でも国債の運用益が出る解説が載っていました。そのポイントは、通貨スワップの上乗せ金利です。どうして国債金利がマイナスなのに利益が出るかといえば、現在米ドルと日本円の間の上乗せ金利はマイナス1%程度となっているため、ドルを持つ資産家からすれば国債がマイナス0.05%でも、ドルを円に両替し日本国債を買えば、0.95%の金利が得られるのです。大量に円を買うので、為替相場は円高に振れ、こちらでも利益が出ることになります。

ただこれは、外資からみた日本への投資の話で、もともと円を持つ日本サイドにすれば、単純に運用益がマイナスとなってしまっています。そして、円高により急速に国内景気が冷え込むこともなってしまいます。

一方、昨晩のラジオで「ストックからフローへ」ということを話題としている放送がありました。東日本大震災も御嶽山の噴火も、科学的に予知できなかったことを背景に、科学技術を「ストック」してきたことを、災害時に適切な対応が出来るような「フロー」へ転換しようというのが、その内容です。

日本人の資産も、「ストック」が毀損する事態になってきているので、「フロー」への転換が必要なようです。

一昨日のエントリー「何もしない」ということへのコスト負担にも書きましたように、「ストック」にはコスト負担が伴います。

とにかく<世の中をまわす>ということに力を注がなくてはならない、そんな時代にパラダイムシフトしたような気がします。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】「何もしない」と... | トップ | 【会津野】ロケットストーブ... »

あわせて読む