石田明夫の「会津の歴史」

全国的な視野で見た最新の会津の歴史です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戊辰・会津戦争2 孝明天皇の信頼と新選組誕生

2017年04月29日 | 戊辰・会津戦争
              
「孝明天皇の信頼と新選組誕生」

  会津古城研究会長 石田明夫 

 会津藩が、京都に入った時には、警察組織の京都所司代がすでにあり、その時の所司代は長岡藩主牧野忠恭(ただやす)で、天皇は、孝明天皇でした。孝明天皇は、嘉永6年(1853)六月三日、三浦半島の浦賀に来航したペリーらの欧米人が大嫌いな攘夷主義者でした。そして、天皇の妹「和宮」(かずのみや)が文久元年(1861)11月15日江戸城に入り、十四代将軍徳川家茂の正室となり、徳川家と天皇家との接戦した時期でもありました。文久3年(1863)7月30日には、天皇の前で馬揃えが命じられ、甲冑を着て整然とした千名の会津藩兵の姿に感銘し、10月9日には、孝明天皇から錦陣羽織の生地や銀200枚と「たやすからざる世に 武士の忠誠の心を喜びてよめる」と書いた御辰韓を送っています。
しかし、嘉永2年(1849)に、孝明天皇が公家らの教育を目的に設置した学問所の「学習院」で学んだ長州藩の高杉晋作(4月14日が命日)らは、鉄砲の時代に時代遅れ甲冑姿で現れた会津藩対し、失笑し、幕府に対抗できると確信したのです。さらに、学習院で学んだ連中が、「天誅」(てんちゅう)と称し、京都でしたい放題を繰り返していたのです。
幕府は、文久2年12月、反幕府派を抑えるため、江戸市ヶ谷の甲良屋敷、近藤周助の道場「試衛館」に、庄内藩の浪人清河八郎が協力し浪士を集めたのです。後の「新選組」につながり、天然理心流の近藤勇(調布の農民宮川勝五郎の子)、沖田総司(白河藩阿部家、江戸下屋敷・六本木ヒルズ付近)、そこに土方歳三(日野石田村の農家・散薬屋)、齋藤一(明石藩士山口祐助の子という)らがいました。
 写真は京都御所「蛤御門」

会津の歴史は「考古学から見た会津の歴史」へ
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戊辰・会津戦争1 京都守護職... | トップ | 戊辰・会津戦争3 蛤御門の変 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

戊辰・会津戦争」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。