石田明夫の「会津の歴史」

全国的な視野で見た最新の会津の歴史です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戊辰・会津戦争1 京都守護職拝命

2016年10月27日 | 戊辰・会津戦争
会津若松市の週刊アングルに掲載されたものを修正したものです。写真は京都黒谷、浄土宗金戒光明寺です。

         
「京都守護職拝命」

 会津古城研究会長 石田明夫  

平成30年(2018)1月3日は、戊辰戦争の鳥羽・伏見の戦いが始まって150年目となります。
その節目に対し、東西両軍の戦死者を慰霊することが必要となることでしょう。会津だけでなく、戊辰戦争に巻き込まれた地域や、会津では城下や会津各地の農家は燃やされ、会津藩士の戦死者は、一か月以上の放置されたことに対し、今でも西軍に対しては、違和感があります。この節目にあたり、今更、和解や仲直りはできないと思います。しかし、山口県民とは、仲良くしてもよいのではないでしょうか。
そこで、戊辰戦争について、改めて、考えたいと思います。
会津藩が戊辰戦争に巻き込まれたのは、京都の治安として新たに設置された「京都守護職」を文久二年(1862)潤8月1日、江戸城に参城し幕府から拝命したことに遡ります。明治40年に会津藩家老だった山川浩が書いた『京都守護始末』によると、そこには、越前の松平春嶽(しゅんがく)、一橋慶喜の策略があり、当時病気だった松平容保公の代理としての横山主税(ちから)に対し、一日も早く登城するよう命じたのです。
その時、家老の西郷頼母と田中土佐は、「薪を負うて火を救うにひとしく、労多くして其の功なからん」と大反対したのです。台命に対し、固辞するも再三でしたが、押し切られました。そして、「君臣京師の地をもって死所となすべきなり」と決断したのです。その決議に対し家老の西郷頼母は、家老職を辞しました。そして、幕府からは、役料として新たに五万石と、金三万両が貸与されたのです。
京都守護職とは、京都所司代、大坂城代、京都、伏見、奈良、大坂の奉行所の統括と治安維持を持つ軍事組織です。会津藩では、12月9日、江戸を出発し、24日、京都に入り黒谷の浄土宗金戒光明寺を本陣にしたのです。

会津の歴史は「考古学から見た会津の歴史」へ
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2.会津と神話の世界 | トップ | 戊辰・会津戦争2 孝明天皇の... »
最近の画像もっと見る

戊辰・会津戦争」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。