石田明夫の「会津の歴史」

全国的な視野で見た最新の会津の歴史です

戊辰・会津戦争9 白虎隊の誕生

2017年05月14日 | 戊辰・会津戦争

「白虎隊の誕生」

  会津古城研究会長 石田明夫   
                  
 慶応四年(1868)2月4日、松平容保公は、家督を喜徳(よしのり)公に譲り恭順を表しますが、24日には、年少のためす政務は再び容保に託されています。7日には『会津戊戦史』によると、佐川官兵衛を司令官として、18歳から35歳までの江戸詰め会津藩兵にフランス人を招き訓練をしました。また、会津国境を守るため地方御家人や農兵による防備を定めたのです。同日、旧幕府兵約2000人(後の衝鉾隊・しょうほうたい)が会津藩援護のため江戸から会津へ向かいました。2月21日には、『会津藩大砲隊戊辰戦記』によると、江戸の小川町で、会津藩砲兵隊長の山川大蔵らがフランス人の「シャノアン」「メツリノー」から大砲隊だけ特訓を受けています。
 3月10日、会津藩は、フランス式に軍政改革をしました。『七年史』によると、服装は、すべて西洋式の黒の洋装にしましたが、名称だけは中国に伝わる東西南北の四神名に例え、年齢によって南神の「朱雀(すざく)隊」、東神の「青龍(せいりゆう)隊」、北神の「玄武(げんぶ)隊」、西神の「白虎隊」に編成し、さらに身分による階級でもって区分したのです。それぞれの隊は、大よそ100名編成で「一番隊」と称する中隊に分けられていました。その他砲兵隊、土工兵と呼ぶ築城兵などがあり、元帥、軍艦、軍艦副役、幌役、職司と、西洋式の役職も定めました。合計31番隊、約2800名の正規兵が誕生しました。
 白虎隊は、数え16・7歳が入り、中隊は、他の隊とは異なり半分の約50名編成となっていて、15歳以下は、「幼年組」として位置づけられていました。その号令は、フランス人から教練されたことから「アン」「ドウ」「トロワ」とフランス語でした。

写真は東京「皇居和田倉門脇にあった会津藩上屋敷跡」

会津の歴史は「考古学から見た会津の歴史」へ
 
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戊辰・会津戦争8 容保公会津... | トップ | 戊辰・会津戦争10 会津藩の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。