会津の重ちゃん日記

日常の出来事、地方紙の記事、街中散策して見聞したことを発信。

芋煮会

2016-10-19 18:48:17 | 地域情報
2016年10月18日(火)晴 24.0℃~13.7℃
「GI値と食事}

いつの間にか朝夕の気温が下がり秋が静かにやって来ている。各地でいろいろなイベントが開催されている。運動会、音楽会、講演、ウオーキング、歩行者天国、鉄道記念日イベント、秋祭り、芋煮会など多種多様。芸術の秋、読書の秋、運動の秋、〇〇の秋と・・・・・・。
一番は「天高く馬肥ゆる秋」ですね。


私の町内では例年、親睦を図るため夏の夕涼み会、秋の芋煮会など開催している。幸い住吉神社が町内にあるので雨が降らない限り境内でイベントをしている。今年も16日(日)芋煮会を行った。味付け抜群でおいしい芋汁だったのでお代わりして食べた。
また、臼と杵で撞いた餅はなかなか食べられない。ずんだ餅、黄な粉餅、納豆餅、あんころ餅の4品。これまた美味しい。特に、手の込んだずんだ餅は最高。日頃、小食なのにこの日ばかりは食べ過ぎてしまった。
この婦人は、昔取った杵ずかでしょうか85歳以上の高齢なのに足腰痛いところがないといって元気に餅を反す。長寿で元気な婦人のエネルギーを集まった住民はもらった。


食べ過ぎたのでGI値が気になった。福島民報「健康歳時記」によると

 『GI値とは、食品の炭水化物が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを計測したものだ。ブドウ糖を摂取した時の上昇率を100としている。
その値がメタボリック症候群や糖尿病の予防、改善の目安になるそうだ。また、体内脂肪の蓄積にも関係しているので、ダイエットを目指す人のメニュー作りにも役立つ。例えばおよそのGI値は食パン91、白米81、うどん85、玄米とバナナは55、トマトは30である。
 GI値が高い食品を摂取すると血糖値が急激に上がり、血液中の糖を分解するため多量のインシュリンが分泌される。インスリンは脂肪の合成を助ける働きがあるため、体内に脂肪がたまっていくのだ。この働きによって体重の増加、糖尿病やメタボリック症候群などの一因となる。
 血糖値を一気に上げないためには、GI値の低い食品から摂取するなどバランスの良い食事を心掛ける。間食を控えなどが有効な対策。
食品の特性を考えたメニューを作ったり、甘いものを控えたりして健康に気をつけたいものである。』
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津鉄道で | トップ | ゴルフ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL