なんとなく囲碁夜話

私は囲碁が好きだ。初めはなんとなく、ニアミスを繰り返し、深みに嵌ってしまった。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やっと今年の男の子

2012-09-08 20:46:55 | Weblog
 昨日アップした写真はイソヒヨドリの女の子。
  今日は男の子の写真を撮る事が出来ました。
 大喜びする程珍しい鳥では無いのですが、毎年この辺りで繁殖しているので若鳥を見る事が出来るとナニやら安心。
 オスの若鳥も8月半ば過ぎぐらいから何回かは見かけましたが、当方のカメラの準備を待ってくれないので撮る事が出来なかったのです。
 イソヒヨドリの場合だけかどうか分かりませんが、ともかくイソヒヨの場合メスの方は人に馴れると手から餌を貰うようになる、、、釣り人の生き餌の残りとかミールワームとかパンの耳だって食べるしお菓子のパイの実だって、、、。
 それに比べるとオスの方は馴れればある程度の距離までの接近は許すものの、一定程度の距離は保つ様です。
 今日の写真で10メートルから15メートル、、、人によっては馴れれば5メートルくらいまで行けると言う人も居ますがマア私は8メートルくらいかなと思っています。

 昨日のメスの写真を撮った場所とは全く別の場所で、違うファミリーの筈です。
  海岸を通りかかるとテトラの上に鳥が2羽いましたので、私は陰で急いでカメラの準備。
 準備が終わらないのに鳥の方から近くに飛んで来てくれる幸運に恵まれました。

 該当用の太陽光パネルの上に止まりました。

 チョット飛んで移動。

 やはり飛ぶところが好き。

 近くにもう一羽オスが居まして、、、大きさが違う、、、多分写真のイソヒヨが今年の若鳥でもう1羽は親だろうと思います。

 *昨日のイソヒヨドリは全体に黒っぽいのですが、こちらは羽が青いのが特徴、、、青いのがオスで黒いのがメス・・・念のため。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御機嫌イソヒヨ

2012-09-06 22:54:15 | Weblog
 私が仕事で事務所を出発してまず通る公園に此の頃イソヒヨドリのオスが現れる。
  多分これは若鳥で、人にも馴れていないので私がカバンからカメラを取り出す余裕を与えてくれませんで、直ぐに岸壁の下の方に飛んでしまいます。
 羽の色が青いのでかろうじてオスだと分かる程度、、、もう2日続けて撮り逃がしていますので、明日は公園に入る前にカメラを出しておこうと考えています。
 
 その公園から直線では1キロも離れていない場所、そこは工場倉庫などがある場所ですが、イソヒヨドリ達はその辺りで生まれて育った筈。
 今年の春にその場所でオス2羽とメス1羽を見かけましたので、多分ペアリングだったのでしょう。
 そして今日見かけたオスの若鳥も多分そこで生まれたと想像出来る。
  その場所も私が仕事で自転車で通るところ、、、今日通りかかると良い声で啼く声が聞こえました。
 その声はイソヒヨドリ、、、見かけに寄らず声が良いのです。
  まさに機嫌よく歌っている印象です。



どうやらメスの若鳥2羽です。本当はここで沢山撮れたのですがファイルが大きすぎてアップできません。一番大きいのは8.5メガ!!、、、Jpegなのに、、、。
 マア至近距離で1.4倍で撮ってしまったので仕方が無い、、、。

 あれだけ歌が上手いのですから、次は動画で挑戦しようか?
  但しその場合はバッテリーの予備を忘れたら大変。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やはりトビモノ大好き!

2012-09-05 18:36:36 | Weblog
 今日も今日とて駐車場から器材やら飲料やらを担いで歩きました。
  マア距離にしたら片道1キロは無い筈ですが、障害一歩手前の運動機能の持ち主ですからこれが重労働なのです。
 好きな事をやる為に誰に言われなくてもそういう事を乗り越えてしまうところが恐ろしいと言うか、キ印と言うか。
 30度を越える3時過ぎですからまずは熱中症との戦いと言えるでしょうか。
  重いレンズに加えて、ペットボトル飲料を3本に低血糖症対策にオヤツ少々。

 月火と同じ場所では余り思ったようには撮れませんでしたが、、、果たして水曜日は???。
今日は雨樋の所にとまっていましたので急いで三脚・レンズ・カメラを準備。
 今日は300ミリF2.8で行く事にしましたが、距離が遠いのが泣き。
  雨樋の所で多分70メートルくらいで排気筒の所で60メートル近いか、、、スマートテレコン2.0で600ミリ相当にはなりますが、、、遠い。


 画像の出来と言うよりこういうポーズが好きです。

 今日の中ではまずまずか。羽の色でオスですネ。

 出掛けたけれど遠くには行かなかったので、元の場所に帰るのを狙いました。



 私の口笛に「反応?」して側まで寄って来てくれた。『と言うことは御馳走をプレゼントすれば・・・』・・・『イヤイヤそうはいかないでしょうネ』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超豆戦闘機!?

2012-09-04 23:04:15 | Weblog
 先日アップしたイソヒヨドリの飛行写真は餌場の周辺を比較的ゆっくりと飛ぶので、マア何とか撮れたのですが、今日の飛行写真は目が回りそうな感じです。
 先日の写真はオートフォーカスで追いかけて撮ったのですが、今日アップの写真はそうはいきません。
 まるでジェットコースター波の早さだし、、、イヤ、ジェットコースターならレールの上を走るのでコースは分かっているのでシャッターのタイミングが問題。
  まるで豆戦闘機の実戦飛行!!?。
 イソヒヨドリの飛行コースは空中だし、幅5メートル程の道路の上を横切るのですからあっという間に視界から消え、消えたと思ったらまた現れると言う感じ。
 そこでオートを止めマニュアルに切り替え、概ね通るであろう距離を想定してシャッターを押す事にしました。
 シャッタースピードが4000分の1秒でもこの程度、、、。

 多分、想像では後ろが親鳥で逃げているのが若鳥、、、飛行訓練では無くて、巣から飯れて一人立ちを促す「追い出し」では無いだろうか?。

 もしそうだと、もうファミリーでは撮れなくなります。

 これは海岸で、、、機械で動く鳥。何も撮れなかったので飛行雲を吐き出す鳥を、、、。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミサゴの影

2012-09-02 21:36:52 | Weblog
 土曜日は2敗1分!?だったし、日曜日は生憎の雨模様なので骨休みと言うよりフテネムード。
  何が2敗かと言うと、、、土曜日に鳥撮りに出かけていて通り雨に出会ったのです。
 雨宿りの出来る木は勿論屋根のある建物がなにも無い場所なのです、、、折りたたみ傘は持っています(これは日傘にもなりますし)。
 しかしまずはカメラ・レンズなどの器材優先で大きなビニール袋+傘の下に入れ自転車は小さな太陽電池パネルの下に置き、、、人間は濡れるに任せる。
 それでも通り雨なのでお日様が戻るのが救い。
  ずぶ濡れの長袖のシャツを脱ぎ両手で思い切り絞りまして、、、まるで雑巾絞りみたいに、、、夏とはいえ裸でいるわけにもいかないので、そのシャツを来まして、、、着衣兼人間物干しをやりました。
 通り雨でずぶ濡れが2回+後ろ半分のみずぶ濡れが1回で都合2敗1分け。

 そんな事があったので、日曜日はフテネ。
  今日の写真は金曜日に写したものです。
 仕事の帰りに何時ものチョウゲンボウのホバーリング狙いで行ったところ、、、

 木曜日にみたミサゴだろうと思うのだが金曜日にも現れたのです。
  それもチョウゲンボウの巣穴に近い場所。
 但し、かなり高い、、、ゴミ処理センターの煙突よりかなり上を通過。
  後ろに小さく見えるのがチョウゲンボウで、彼はミサゴに『早くこのエリアから出て行ってくれ』と追跡しているらしい。

 ミサゴは悠々と飛びまして、、、大きいしゆったりと飛ぶ感じは或る。

 但し高度が問題だし、西日の中真下から狙っているので顔や目が撮れません。

 撮っている時は夢中でした、、、が、ミサゴの影を撮っていたみたいでチョッピリ悲しい。

 木金と2日続けて撮れたのだからマア好いかとは思いますが、、、明日は午前のイソヒヨ、午後のチョウゲンボウに更にミサゴと会えたら幸せなんだけれど、チョット欲張りかも。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

イソヒヨ大失敗

2012-08-31 18:35:28 | Weblog
 鳥たちは若鳥の季節で、イソヒヨドリの若鳥とは今夏3度目。
  朝の自転車コースで狙い通り通りかかった場所でイソヒヨの歌声!!、、、これが見てくれとは違い意外や美声。
 鉄条網越しなのでピントを持って行かれないようにナドナド苦労して色々撮れた、、、と、思いきやナント!カメラに記録ファイルが入っていなかった。
 急遽カバンから別の用途のファイルを取り出して再チャレンジ。
  しかしマア前の通りには撮れませんよね。

 と、言う事で残念ではあるが再度来週挑戦するしかない。

 結構高い岸壁の上なので頭しか見えません。

 これはマズマズですが同じポーズが続きます。




 最後に飛ぶところに挑戦。

 ここは来週頑張るしかない。

 しかし撮る前に「ノーファイル」の警告が出そうなものなのに、、、と愚痴が。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これってミサゴ?

2012-08-30 18:12:36 | Weblog
 土曜日に「明日もチャレンジ」などと元気のいい事を言っておいて、、、ブログは遊び過ぎのバテによりお休み。
  何時もの池でカワセミを待って、、、これはカワセミ仲間?の連絡場所であり親睦会場でも有りますから、、、S、A、Yさんと私の4人は集まりましてこれにMさんが来ればフルメンバーで、更にTさんなどあと4,5人来ればまさに全員集合。
 池の横の芝生で持ち寄り新年会をやった事があるし、(今年の新年会は林の中で)ともかく皆が集まると撮れても撮れなくても楽しいのです。

 さてカワセミは期待がハズレましたが、この池の小魚が成鳥し池がそれなりに池らしくなればきっとここをテリトリーにする鳥が現れると期待できるので、マア気長に待つ事にします。
 と言う事で昼前にムナグロやシロチドリが来る浜と、その隣のチョウゲンボウが舞う原っぱに移動。
  初めはAさんと私の二人でしたがYさんも後から加わって結構楽しませて貰いました。(この時の写真は順番が違いますが後日に)
 この時Yさんの話で『2,3カ月前ここでミサゴが通過するのを撮った事がある』という話が妙に耳に残って、、、。
  ソノ明日の今日。

 チョウゲンボウより大きい猛禽類が現れました。あわててカバンからカメラを取り出したので初めの1シャッター(3枚分)はピンボケ。遅れると遠くに行きそうなので、、、。

 結構距離がある。海の上で空の上なので遮るものが無いので近く感じるけれど実際は遠い。

 さてこれは何と言う鳥?

 これが昨日Yさんから聞いたミサゴなのか?図鑑を見てもイマイチはっきりしません。プリントして師匠・先輩連に教えを請うしかないです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日もチャレンジ

2012-08-28 22:19:06 | Weblog
 明日は平日ですが、、、夏休みも終わると言う事で有り余っている有給休暇を1日分利用させて貰いました。
  実は先週末に皆と出会って「次は水曜日」と言う事になったので、久し振りに池仲間が揃ってカメラを並べるのも良いだろうと思い急遽休暇を取りました。
 皆、この池が縁で出会った仲間で、私にとっては友であり師匠であり先輩たちと言う事です。

 さて先週の土曜日の写真をアップします。
  何時ものチョウゲンボウの場所で撮っていましたが、思うように現れないので帰ろうと支度をすると戻って来ると言う事を3回もも繰り返しまして、マア我ながら『シツコイ』『未練がましい』などと苦笑い。(一人で)
 で、思い切って後ろを振り返らずに現場を後にしたのですが、、、そこから4,500メートル来た所の海辺に近い草原の上を3羽のチョウゲンボウが舞っているではありませんか。
 帰り道ではありますが、自転車を止め急遽レンズにカメラをつけて撮影体勢。
  近くに人の背の高さの杭が並んでいる場所なので、上空を撮るために背中を杭に預けて撮りました。


 これは空から近くの道に降りて来た!。写真右手の草が邪魔だったので草むらを迂回して撮りました。こういう機会は滅多にないのに、慌てるとダメですネ。ピントが、、、こういう事も場数を踏まないとダメかも。



 これらは自分としては気に入っていますが、、、もし角度がもう少し違えばもっと良いのに、、、などときりがありません。それにこれらは50-500EXでテレコン1.4で撮りましたが、次は300F2.8のテレコン1.4でチャレンジしたいと思っています。
 それにはこちらの希望する角度で、且つ30メートル程度以内を、順光方向で、希望は明るすぎない晴れで弱風で、、、

 ともかく明日も池の後にこちらにもチャレンジ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アリバイ証明のような・・・

2012-08-27 22:37:43 | Weblog
 浜で撮った写真がダイゼンで無くムナグロのような気がしたのは、背中の色が白っぽく無くて茶色のような感じがしたからです。
 素人としてはこういう第一印象がインパクトとなって頭に刷り込まれて行くのです。
  これよりももう少し詳しく見て行くとなると形態学的な知識が必要なわけですが、生憎この道2年の駆け出しにはそれはハードルが高い。
 それでもネット図鑑とか、他の人のブログやホームページを覗かせて頂いて勉強する、、、泥縄式ですが。

 そうそう今年の5月に初めてメリケンキアシシギの写真を撮った時の事です。
  野鳥に詳しい人が居て「胸の模様が奇麗だけど、足の網目模様が分かるように撮るといいよ」とアドバイスを貰いましたが、今回はそういう事を思い出しました。
 第一印象ではムナグロだとしても、ムナグロである事を証明できるような写真を撮ると言う事が重要なのですネ。
  図鑑に載るような写真を撮っているのではありませんから、まずは絵として奇麗なものとか鳥の面白いポーズとかを撮りたいのですが、それ以外に”ソレ”である事を無言のうちに証明できると言う事も大事なんですネ、、、。
 それでムナグロとダイゼンはよく似ているけれど違う点は、まずは先ほど書いた色。
  あといくつかあるらしいが決定的な違いは、、、「ダイゼンの足の指は4本」「ムナグロは3本」なんだそうです。

 確かにこの写真では3本に見える、、、けれど意地悪く言えば3本だけ写っているのかも、、、。
  仮に4本映っていれば問題はたちどころに解消されますが、、、これは或る時間に何処かに居た照明は比較的簡単ですが、その時間そこに居なかったという証明が難しいのと似ている。
 まあそいう事で個人的な趣味の写真でも有りそう信じていて世の中に影響は無いので、得意の『マッいいか』。
  勿論この写真を見てご指摘いただけければ大歓迎です。

 さて同じ浜で、鳥の大きさ比べみたいな写真が撮れました。

 初めはウミネコとムナグロの大きさの違い。カモメ類は個体差が大きいので余り指標には向かないかも知れませんが。

 ムナグロとキョウジョシギだとこのくらい違います。思ったよりムナグロが大きい感じ。

 キアシシギも意外と小さい感じ。尤も今は若鳥が出てくる時期なのでキアシシギが小さいのか?。

 キアシシギとキョウジョシギの大きさの比較。
 
 比較したい鳥が浜にもう1羽いました。

 小さくて動きが早くて、、、私が近づくと逃げそうなので遠くから撮ってトリミング。
  チドリであることは分かっていましたが、、、図鑑で見る限りコチドリでは無くてシロチドリかな??。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムナグロだろうか?

2012-08-26 18:46:36 | Weblog
 今日も朝一は復旧なった公園の池の側に坐り込んで、あわよくばカワセミ!っと念じつつ待ちましたが、マア今日も昨日に続いて空振り。
 それでも昨日はここでMさんに会えたし、今日はAさんやYさんに会えたのですからカワセミも大事ですがこの池の存在も貴重だと感じました。

 カワセミはまたこの次運が良ければと言う事で、今日はAさんと一緒に海でコアジサシ。
  人口海岸の遊泳禁止区域を仕切る浮き玉が沢山設置されていますが、そこにコアジサシが乗っているのです、、、この人口海岸の設備は夏のプールの期間に海に併設しているので間も無く夏休みの終わりとともに撤去される、、、と言うことはコアジサシはここに来ない事になる。
 この写真は後日として、午後は昨日と同じチョウゲンボウにチャレンジ、、、のつもりが途中でひっかかってしまいました。
  昨日ホバーリングを撮った場所から、僅か200メートル手前の海岸ですが。
 海沿いの道を走っていると浜に何かいる!。
  やや茶色なのでキョウジョシギかなと思いましたが、『マア砂浜でキョウジョシギも良いだろう』とカメラを準備。

 撮ってみると少し違う、、、大きさもヤヤ大きいし。

 谷津干潟で見かけたダイゼン?かとも思ったけれど羽がダイゼンなら白っぽい筈だし。

 もしかしたらトウネンとかムナグロとか、、、と思いながらともかく撮る事に専念。

 追いかけると逃げるので、少し遠いところに構えて鳥の方から近づいて来るのを期待。
 レンズは300F2.8なので1.4倍のテレコンで、、、倍率は小さいけれどこれで行く。

 自分としてはソコソコには撮れたつもり、、、名前はムナグロで良いのかな?
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バトル見物

2012-08-25 23:24:16 | Weblog
 先日アップしたサシバもそうですがチョウゲンボウやアオバズクなども猛禽類とはいえカラスが天敵ですね。
  そうそうオオタカだって卵や雛のうちはカラスに襲われるのですから、、、ニュースで流れた佐渡のトキと同じですね。
 昨年は近所の神社で子育て中のツミの巣が襲われて2羽いた雛が災難に遭った。
  ともあれツバメにしたってコアジサシなども皆カラスの被害に遭うようです。

 何時も見に行くチョウゲンボウは、、、卵や雛がカラスに襲われる事が無いように巣は建物の壁から突き出している排気筒で子育てをする。
 この筒の大きさが丁度良いらしくカラスは入れないけれどチョウゲンボウは入れるという、まことに都合の良い場所。
  それでもカラスは群れで巣の近くを取り囲み『大きくなったら食べてやるゾ!』と言わんばかりに筒を覗いたりするのです。
 目撃談では今年は5,60羽のカラスが巣を取り囲んだと言う事です。
  チョウゲンボウは猛禽とはいえハトぐらいの大きさですから、カラスとは1対1の勝負が精一杯。
 カラスは集団戦が得意ですからチョウゲンボウは分が悪い。
  それでも生き残るには知恵があるわけで、、、チョウゲンボウの場合は、、、カラスに取り囲まれた時にチョウゲンボウの助っ人がやって来たのです。
 おそらくここで育ったファミリーだと思いますが5,6羽のチョウゲンボウがやって来て加勢したので、結局カラスが退散したのです。
 
 建物の屋根の上とか木のテッペンとか、見晴らしの良い場所などを巡って争いが起こる。
  チョウゲンボウにとっては多分餌となるトカゲや昆虫やネズミなどを探すためにこういう場所は大事な場所。
 カラスにとっても見張り台は必要なわけで、争奪戦になる。





 1対1の戦いは一応五分と言うよりカラスの方がヤヤ有利か、、、。
 尤も噛みついたり引っかいたりはしていない、、、というか、、、際どいところで交わしているのか。
 上空に位置取りするか後ろの方が有利か、、、いずれにせよ流血の惨事では無かったですが。
  初めはカラスが優勢でチョウゲンボウが分が悪かったのですが、このビルから100メートルくらい離れた巣・排気筒からチョウゲンボウが加勢に駆けつけて形勢逆転。
 その後加勢は居なくなったのですが、チョウゲンボウは1羽でも強気に戦うようになり、カラスに戦いを挑むようになりましたので、カラスの方が負けたと言うか辟易した感じで立ち去りました。
 
 炎天下の出来事。
  したから見上げていた暇なジイサマ。





チョウゲンボウが『暑いのに毎日御苦労さん』とばかりにサービスで舞ってくれました。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デイリー?チョウゲンボウ

2012-08-22 21:56:12 | Weblog
 今日も行って来たのです、この暑い日中に。
  しかも今日は重いレンズでの挑戦。
 カメラは2台持って行ったのですが、荷物を減らすために一台は車の中に置いて行きました。
 レンズは70-300G4.5から6をホバーリング用として、300ミリF2.8は近くに停まった時用として、、、三脚は持たずに行きましたのでイザとなったら腕力勝負です。

 現場に近づいて行く時に空に注意しながら歩きまして、、、昨日みたいに着いたらチョウゲンボウは空を舞っていたと言う可能性も無いわけではないので、、、それでも出会えないよりはラッキーですが。
 今日はもっと幸運に恵まれました。
  現場について肩からカバンを下ろす時に、やや離れた場所でチョウゲンボウがホバーリングを始めたのに気が付きました。
 これはもう既にセットしてある300G4.5~6でスタート、、、
 この時近くをジョギングのお兄さんが来たので、『ヤバッ!』っと思ったのですがチョウゲンボウの方が餌さがしで夢中だったのか気にしませんでした。
 
 私は無理に近づいたりホバーリングの下に入ろうなどとはせずに、体を低くして堤防に坐って向こうから近づくのを待つ。
 鳥が少し遠くに行った時にレンズを交換して、300F2.8を手持ちで、、、
 マア手持ちですから、手ぶれ防止ついていても、、、同じ姿勢で撮り続けるのは大変でした。

 私の近くの土手のようなところを飛びました。

 そこに降りてくれました。

 暫く同じ姿勢、、、感激。

 再度餌獲りに。

明日は同じ場所に、今度は三脚を使って、、、3匹目のドジョウは?。

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョウゲンボウじいさん!?

2012-08-21 23:23:09 | Weblog
 一昔前?の芳しくない表現で言えば”くそ暑い”でしょうネ、、、今で言えば”ゲロ暑い”?あるいは”鬼暑い”?、、、良く分かりませんが、この暑い日のしかも3時半頃に日影が全くないところに歩いて通う物好きが居るのです。
 仕事が終わるのが午後3時で、車で無料駐車場に来てから道具を持って海の近くを歩くのですから初めに書いたような事になる。
 チョウゲンボウの子育て時期には結構カメラを構えた人が多かった(と、言っても10人を越える事は滅多になかったけれど)が、この時期いつ来ても私一人。
 尤も時間帯が違うだけで知り合いのAさんも時々来ているらしいが、ともかく雛が巣立ってからは物好きしか来ないらしい、、、この暑さだし。

 あとひと月もすればチョウゲンボウ以外の鳥も見る事が出来る筈なので、今の内から”もしかしたら”の期待もあるけれど、今はチョウゲンボウがダメならば、キアシシギかキョウジョシギ。
 コチドリは滅多に来ないから後はウミネコと遊ぶしかない。(アオサギは何故か撮る気がしない)

 さて今日は、34度の炎天下に歩いて行った甲斐があったのか、、、現場に着いた時にはチョウゲンボウがホバーリングをしていた。

 やや遠いのとカメラの準備が出来ていない。リュックの中の500ミリを出してカメラをセットする時間が無いので、カバンの中の300ミリGレンズにはカメラをつけてあるのでソレを取り出しました。急ぎなので仕方が無いがこのカメラにはテレコン機能が無い。三脚も持って来ていないので低い岸壁に坐る形で体が揺れないように、、、。

 無理にホバーリングの下に入るような動きはしないで、同じ位置で向こうから近づいて来るのを願って待つ。

 段々近づいて来て呉れました。

 マア300ミリではこんなものかな?。仕事帰りなので300F2.8は持ってこれないし、仮に持ってこれても重いので手持ち撮影は重労働。と言うことは400ミリで単焦点のF4が欲しい、、、後1年くらいは無理だけれど。


 先日「師匠教えて」にアップした写真。それを撮った公園に居て大きなレンズの手持ちで撮る人と行き合いました。話しを窺うと同じマンション、、、マンションと言う名前の集合住宅ですが。
 同じ敷地に十数棟あるので知らない人の方が多いわけで、この人とも初めてあいました。
  しかし道具立てからしてアチラさんの方が大先輩であることは一目で分かる。
 名刺を戴いたついで?に例の写真を見て貰い教えを請うと、、、「サシバの若いオス」ですネとのご託宣、、、ナント!!サシバだったのです。(写真は8月13日の「師匠教えて」)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5,60メートル離れて1対1

2012-08-16 16:44:11 | Weblog
 今日・木曜日は久し振りに「完璧無気力デイ」です。
  今年の夏で今日より日差しが厳しい日もあったと思うのですが、今日のコンディションは最悪だと感じました。
 天候に関係なく表を自転車でパトロールするのが仕事ですから、涼しい事務所にひきこもるわけにはいかない、、、ちゃらんぽらんな性格の私でも仕事に忠実なので、我ながら嫌になります、、、こんな日は適当にお茶を濁せば良さそうなのに、それが出来ない。
 マア、途中で『ヤバイ』って感じがしたのでコンビニでお弁当を買うついでにアイスを買ったりしましたが、その程度、、、案外私は丈夫なのかな?。
 自覚としては雨にも風にも弱く、寒さにも暑さにも弱いのですが、、、取り柄は鈍感なところらしく、鈍感力!それで持ちこたえているらしい。

 そうは言っても今日は流石に仕事の帰りに寄り道をせずに直行帰宅、、、寄り道する気力なし。
 と言う事でこれは昨日の写真です。
  つまり昨日程度の気象条件では、、、無料駐車場に車を止めて片道15分くらいかけて歩く。
 カメラとレンズを入れたリュックを背負い、手提げには水筒やペットボトルなどを入れ、片手に重い三脚、、、普通の人から見ればカメの歩みですが、ともかく徒歩で往復するのです。
 この時期の3時半頃に歩くと言うこと・歩こうと言う気力に我ながら呆れるやら、、、。

 さて昨日は現場に着いたらチョウゲンボウが待っていた。
 イヤ,そんなことは無いのですが、ともかく雨樋の枠の所に居た、、、この辺りでは良く見かけるのですが、でも確率としたら3分の1程度だろうからマア運の良い日。
 「飛ばないでくれヨ」と念じながら急いで三脚を立てレンズとカメラをセット。

 飛び出す前に一応間に合いましたが、雨樋とカメラの距離は5,50メートルは有るので500ミリのレンズではこんなものなのか?、、、。

 これは上空を飛んでいるところだから距離はもっとあるでしょうネ。
  私としては大サプライズで、30メートルくらいの上空でのホバーリングとか、地上に落ちたところを撮りたいと期待しているのでうが、これは月に1回あるかないか、、、なので、ともかく通うしかありません。

 次に止まったのは50メートルは離れたところの排気筒・ここでチョウゲンボウは生まれた。
  ここは距離がある上に夕方は日影、、、従ってシャッタースピードが上がらないのが恨めしい。

 筒の中では居るのは見えるけれど、暗いですネ。

 こういう写真を撮っているのは今の時期ここでは私一人。
  時折散歩、ウォーキング、犬の散歩、サイクリング、釣り人などが通り過ぎるのですが、ここに黙ってじっと立っている物好きに呆れ顔で、話しかけてくる人も居ない。
 多分チョウゲンボウは「またあのジイサマが来ている」と思っているだろうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師匠!教えて。

2012-08-13 23:02:04 | Weblog
今日はスズメ特集、、、ではありませんが、風が強くて風向きが悪くて狙いのチョウゲンボウとは出会えなかったので、一回もシャッターを押し機会がありませんでした。
 カメラの中のファイルを整理して見るとスズメの写真のみとなってしまいました。
  土曜日は午前中早い時間に切り上げ、日曜日も午後からだけでまるで駄目な週末。
 海岸に行けばテトラポットでキアシシギとかキョウジョシギくらいは撮れそうなものですが、風が強くて波のしぶきが飛び散っているので鳥も来てくれないようです。
 仕方なく林の下のベンチでひたすら座って鳥待ち。
  ここは先週猛禽類が撮れた所なので2匹目のウサギ気分、、、でしたが世の中そうは甘くない。
 
 尤もひたすら座っているだけなのでスズメやシジュウカラやムクドリなどは警戒心を抱かなくなるらしいし、頭上の枝には時折メジロまで来たりするようになりました。
 カメラを持っているのに他にやる事が無いのですから、、、スズメの記念撮影です。

 スズメもマア可愛いとは言えますが、他にやる事が無いので。

 ピント合わせの練習みたいなものです。

 で、これはピンボケ。ですが足元のカマキリが問題?。

 これはコオロギのようなものを咥えている。

 つまりこの辺りはスズメにとって虫を捕まえる狩り場だったので、人間が居ても無視して降りて来るのです。
  どうやらスズメは田んぼの稲穂とか草の実などだけが餌では無く昆虫も食べているのですネ。
 と言うことは、、、こういう小さな鳥を捕食しようとする猛禽にとっても重要なゾーンと言う事でも有る、、、筈。
  だからスズメとかムクドリなどが群れているところは要注意なんですネ。


 これが同じ場所・・・同じベンチで座ったままで撮った写真。きっとこの鳥は小さな鳥を狙っていたか?、、、尤も猛禽といえども昆虫も食べるので虫を狙っていたか。
  ところでこの写真を撮った時「チョウゲンボウ」と思い込んでいたけれど、良く見ると、いや一見して顔が違う。
 チョウゲンボウの顔だったら目から頬にかけて黒い筈なんですが、これには無い、、、もしかしたらノスリ?。
  誰か詳しい人に判定して貰おうとプリントした写真を持ち歩いているのですが、あいにくこの1週間師匠連に会えない。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加