バロックヴァイオリン 佐藤 泉  Izumi SATO

「コンサート情報」や「日々の気づき」などをメモしています。

シューベルト 「しぼめる花」序奏と変奏曲 ・ロマン派の演奏習慣について

2017年03月21日 | お知らせ

間際のお知らせになってしまいましたが、

有田 正弘先生が ロマン派の演奏習慣について、シューベルトの「しぼめる花」による序奏と変奏曲を例にご説明されます。 

前回のバッハのフルート作品の授業も一冊の本に匹敵する充実した内容でした。

今回もロマン派音楽習慣について長年の研究成果をお聞きする貴重な機会となります。 

詳しくはこちらのページ 相愛大学 入場無料。申し込み不要。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月27日 バッハ 無伴奏作品... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む