一人シニアの漫遊記

国内外のトレッキング紀行と家庭菜園、ダンス等徒然なるままに

山紀行(紅葉の裏丹沢山系 姫次 2016.11.4)

2016-11-05 11:03:21 | 山紀行(国内:丹沢・道志山系)

今年の本格山行も10月14日からの鳥海山・月山への山行(山紀行(紅葉の鳥海山・月山  2016.10.14~10.17)で終了しました。 今年は天候不順で思うようにスケジュールが組めませんでしたが、何とか当初予定していた山々の全てに出かけることができました。 来年の本格山行に備えてこれから裏丹沢・道志方面でのトレーニングにと思っていた矢先、10月10日の一人シニアの漫遊記(今年も大豊作 2016年10月)でお知らせしたように、神の川林道が全面通行止めとなっています。 そんな訳で足が遠のいていましたが、11月4日からしばらくは秋晴れが続くとの天気予報。 早速、運動不足を解消すべく姫次へ紅葉見物に行ってきました。 姫次のトレールについては、山紀行(早春の裏丹沢山系 八丁坂の頭・姫次 2014.4.24)をご覧下さい。 今夏の天候不順でドングリが全くみあたりませんでした。 そのせいか、イノシシによる標高500m~1000m辺りのトレール脇は眼も当たられない位い掘られ穴ぼこだらけでした。 
秋晴れの抜けるような青空とススキの穂です。
 
思いがけず夏の花のショウマが咲いていました。 そばには、こんな立派に種も付けていました。
 
リンドウも行く秋を惜しむようにそっと咲いていました。
 
標高1000mを越えると黄や赤の紅葉が盛りでした。
 
 
丹沢山への宮ケ瀬から続く紅葉の染まる円山木ノ頭等の稜線越しに塔ノ岳です。 右は、黄色く紅葉したカラマツ林の姫次です。
 
錦絵のような蛭ゲ岳への稜線と右は宮ケ瀬湖と遠くに横浜の街が望めました。
 
秋ともなると木々には多くの実が付いていました。
   

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山紀行(紅葉の鳥海山・月山 ... | トップ | 一人シニアの漫遊記(玉ねぎ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山紀行(国内:丹沢・道志山系)」カテゴリの最新記事