コブシの花の咲くころは

平日の静かな山を気ままに歩いた記録です

豪雪地の森 ~ サルメンエビネ

2017-06-15 07:06:17 | 登山


久しぶりに関越自動車道を北へ・・・・

今日は都心も涼しかっただけに、早朝の登山口周辺では、じっとしていると寒いくらいでした。
一枚ヤッケを着て出発します。
天気は今一つですが、稜線までは行かないので、歩くには丁度良いです。
昨年の今頃は、エゾアジサイが見頃でタニウツギの花は終わっていました。
今年はというと、ようやくタニウツギが咲き始め、少し標高を上げるだけで
残雪が現れてきます。












薄暗い植林帯から新緑の自然林の森へ・・・・・
山道を歩くと樹々の新緑が美しいのですが、目を奪われたのは林床を覆うシダの美しさ。
豪雪だった今年の雪が溶けて、水分をイッパイ含んだ山はシダ類の楽園のようです。


































吊り橋で対岸に渡ります。

南アの深南部を歩いている様な山深い感じになってきました。










ブナの森にキンラン。











ギンリョウソウ












沢沿いには、タチカメバソウ、ミズタビラコの花。















ツルネコノメソウかな・・・・











まだ雪が溶けたばかりのような所では、サンカヨウが咲いていました。











ショウジョウバカマもまだ咲いています。












サルメンエビネ、きっとシダの美しい苔むした植林の森にいると最初は思いましたが・・・・・・

・・・・・そこにはいませんでした。

ブナの巨木が混じる森の林床、大きなヤグルマソウの葉の下にでも隠れていそうな
気もしましたが、そこにもいなくて・・・・・

見つかったのは、人が入らないようなヤブっぽいガサガサした所でした。

















サルメンエビネはネットで写真を見ると、杉の枯れ葉が写っている画像が多いので
植林帯に多いと思っていましたが、見つかったのは昨年と同じような雰囲気の所でした。

こんな場所ですと、花は足元近くまで近づかないと、まったく見えてこない場合もあり
何度も立ち止まって、周辺をゆっくり見ていかないと見落としてしまいそうです。












































ちょうど咲き始めの新鮮な花を6株見ることができました。


花の付き方、葉の感じなどは、ナツエビネと似ている感じがしますね。
以前は北関東の杉林などで探していましたが、なかなか見つけられませんでした。

この時期の豪雪地の森は緑が眩しく、渓には残雪が残り
普段見かけない花も多く、稜線まで行けば高山の花も咲き始めていると思います。
次に来る時は、山頂まで足を延ばしてみようと思います。



6月13日








ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 着生ランの花々 ~ 房総 | トップ | 戸隠高原 ~ 春から夏へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やまそだち)
2017-06-16 07:51:15
サルメンエビネ、こんな場所にもあるんですね。こんな場所はほとんど人に見つからず、獲られることもなさそうですね。
サクラサスミレさんならではの花散策ですね。6株も見つけられたのもすごいですね。
やまそだちさん (サクラスミレ)
2017-06-16 11:34:40
昔は目立つ場所にも咲いていたけど、持ち去られて
こんな藪の中に自生する株だけが生き残っているのかもしれませんね。
食害がないので、きっと生き残ってくれると思います。
Unknown (徒然写真帳管理人)
2017-06-21 20:56:45
昨年も楽しませてブログ記事を読ませていただいたのを思い出しました。(違っていたらすみません・・・)
魅力的な森ですね。
昨年も書いたような気がしますが訪れてみたいと思える森ですね。
豪雪地帯の森の春は雪解けとともに始まるので、この季節季節が色々と混ざっていて見ていて楽しいですね。
徒然写真帳管理人さん (サクラスミレ)
2017-06-22 13:14:56
昨年コメントいただいた時と同じ山域です。
雪深い山は、渓も深くて険しく、森も植生が豊かな気がします。
よく行かれる頸城山地もそんな感じですね。
今年は雪解けが遅く、ここへきて一気に花が咲き始めた感じです。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。