(株)あいすくむり の 売り上げ向上委員会

あなたのお店でしか食べられないオリジナルソフトクリームの開発・製造を通し、売り上げ向上のお手伝いをさせて頂きます。

儲かるジェラート屋さんの運営方法 その1☆

2017年05月15日 | ビジネス

あいすくむりの加勢です☆

先月の8日に、新たなジェラート屋さんをスタートさせ、1ヶ月+1週間が経過しましたが

お陰様で、まずまずの売上を獲得させて頂いております(>_<)

ちなみに・・・

オープン直後の3ヶ月間は、通称 「ご祝儀来店」 と呼ばれる現象が発生します☆

「出来たばかりのお店には行ってみたい!」

というお客様心理が働き、来店数が増え、売上が上がるのですが

その分を差っ引いても、良い数字を出してくれています。

ちなみに、このお店の何が良いのか・・・。

まず、立地条件ですが

正直、新たにオープンしたお店の場所は、立地条件としてはあまり良くない・・・。

というのが本音ではあります(^_^;)

僕がジェラート屋さんのコンサルタントを行うに当たり

「ジェラート屋さんを行うなら人通りの多い繁華街。 もしくは観光地。」

「それ以外の立地条件でやりたいというのであれば、家賃のかからない自分の土地などで行ってください。」

というご指導をさせて頂きます☆

正直、今回出展させて頂いた場所は立地として優れてはいませんが

家賃がかからない・・・。

という非常に大きなポイントがありました☆

この建物・・・。

とてもオシャレな建物ですが、家賃が月に5万円弱。

ちなみに、加勢牧場はテナントとして入らせて頂いており、テナントとして入っているのは全部で3社。

1社5万円・・・ではなく

3社で5万円なので、実質2万円弱という破格の家賃でお店を運営出来ているのです☆

「なぜこんな破格な家賃なのか・・・?」

と、疑問に思われる方も多いと思うのですが、

この建物は、新潟県刈羽村の所有物で、刈羽村は昨年の暮れにこの建物を活用して刈羽村をアピールしてくれる企業 (指定管理者) の募集を行っており

その募集を知った僕たちは、資料を作り、プレゼンを行い

そして、ありがたいことに我々のプランを採用をして頂いたので、この場所で商売が出来ているのです(> <)

家賃がほぼゼロになると、代わりに設備費や広告、インテリアなどに力を入れられます☆

その他にも、まだまだこのお店のポテンシャルを上げられる要素はたくさんあるのですが

そのお話は次回のブログでお伝えさせて頂きます☆

 

(株)あいすくむり → http://aisukumuri.com/

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジェラート屋さんをオープンしました☆

2017年05月03日 | ビジネス

こんにちは!

(株)あいすくむり の代表をやらせて頂いている加勢です☆

我々あいすくむり のお仕事は、

「あなたのお店でしか食べることの出来ないオリジナルアイスクリームやソフトクリーム、ジェラートの開発&製造をすること」

で・・・

その業務の中には、ジェラート店に対しての 「コンサルタント」 も行っております。

まあ言ってしまえば、口先だけでお金を頂戴するヤクザな商売をしているのです(^^;)

そんな僕が、先月の4月8日に、新たなジェラートショップをオープンさせて頂きました☆

お客様からお金を頂戴して商売のやり方を教えているヤツが経営するお店になりますからね・・・。

失敗は許されません(-_-;)

ちなみにお店の名前は 「ガンジージェラート みちる」 です☆

このキャラクターは、僕の妻がデザインしたもので、結構インパクトがあって人気があるんですよ☆

お店の外観はこんな感じです☆

「至福の時間」 と書かれていますが、この店舗には3社が入っており

① ロールケーキ専門店の 「至福の時間」

② イタリア料理専門店の 「マティーナ」

③ ジェラート専門店の 「ガンジージェラート みちる」

の3店が入っており

この建物の名前は 「至福の時間」 ということで統一されているのです。

まあ、事務的なことを説明すると面倒になるので、取りあえず「ガンジージェラート みちる」 はテナントとして入れさせて頂いた・・・

というイメージで大丈夫です☆

これはオープン直前の写真ですね(^^;)

白と茶色で統一した店舗にしてあります(>_<)

こんな感じでジェラートをつくり・・・

こんな感じで盛り付けました☆

ちなみにこのジェラート・・・。

僕が盛り付けたのですが、実は僕・・・ 偉そうなことを言っておきながらジェラートの盛り付けは超下手くそなのです・・・。

取りあえず、4月はバタバタと開店し、バタバタと仕事をしておりましたが

スタートして約1ヶ月・・・。

「十分に利益の出る店舗が出来たな・・・。」

と・・・

嫌らしい話、自画自賛をしている次第であります(^_^;)

 

どんな感じで利益が出るか・・・は、後日ブログにてお伝えせさせて頂きます☆

 

【ガンジージェラート みちる】

場所 : 新潟県刈羽郡刈羽村大字刈羽4278-3

TEL : 0257-31-8123

時間 : 10:00~18:00

定休日: 毎週水曜日 (祝日は営業)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今、ご注文を頂いても「半年待ち」です。

2017年03月28日 | あいすくむりの出来事

オリジナルアイスクリームの製造に関してです。

「あいすくむり」 という会社がスタートをしてからもうすぐ1年が経過します。

お陰様で、多くのお客様からご愛顧頂いており、日に日にお問い合わせの数が多くなってきております。

特に多いのが、オリジナルポーション型アイスの開発 & 製造です。

イベントなどで販売が可能な、ソフトクリームの形状に盛り付けるタイプのアイスなのですが

ただ今、全国からこのオリジナル商品の開発&製造のお問い合わせをかなりの数を頂いており、

正直、製造が間に合っていないのが本音でございます。

今年は製造設備の補強を行う予定になっておりますが

それでも間に合わなさそうなのです。。。。

現状、ご依頼を頂いても、半年程度お待ち頂く形になってしまいますので、予めご了承頂けたら幸いです。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解をお願い致しますm(__)m

 

 

(株)あいすくむり → http://blog.goo.ne.jp/aisukumuri

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おバカが考える「出る杭」は滑稽でしかない。

2017年03月23日 | ビジネス

先日、会社の若手経営者が集まる会に、一身上の都合により参加してしまった時のことなのですが、

「出る杭は打たれる」

という発言を、耳にしました。

「出る杭」 くらいにはならないといけない・・・とは思うものの

「自分は 『出る杭』 だから、周囲から打たれまくっていますよ」

的な発言をする、経営者にすこぶるイラッとしてしまうのです。

文面で書くと、なかなか表現しづらいのですが、

「私の思考回路はぶっ飛んでいて、サイコパスな人間なんです!」 

「私は今まで破天荒に生きて来ましたから!」

というような、どうでもいいアピールをしてくるヤツが多いのです。

一見謙遜をしているように見えながらも、キャバクラで働くお姉様方に話すような 「俺、昔ヤンチャしてました」 自慢のようにしか聞こえないのです。

本人は、誰かに認めてもらおうと一生懸命なのかもしれませんが

他方から見たら、「痛いヤツ」 という烙印を押されているのに気付いていないのかもしれないですね。

多少、ビジネスを勉強した人間なら

「普通の人」 と 「普通ではない人」 であれば

「普通ではない人」 の方が 大きな利益を出せる可能性が高い・・・と言うのは皆が知っている事実であります。

だからこそ 「自分はぶっ飛んでいる人間なんだ」 と、まるで自己暗示をかけるかのように演じているのかもしれませんが、実に滑稽です。

経営者が 「真面目」 であろうが 「サイコパス」 であろうが、

実際に 「提供している商品やサービス」 が、人の役に立つのか否かが重要で、その商品・サービスの質が、他社よりも頭一つ飛び出ることを 「出る杭」 という表現をされるのに、何をはき違えたのか自分からあえて 「危ない人」 に成り下がって行ってしまっているように感じて仕方がないのです。

僕は 「楽しい人」 とお付き合いはしたいと思いますが、「危ない人」 とはお付き合いをしたいとは思いませんし、どうせであれば 「真面目」で 「礼儀正しい人」 と付き合いたいと思います。

経営者個人の性格が 「出る杭」 になってしまい、周囲から叩かれる・・・。

そんな無駄な行動をなぜやるんだ・・・?

と、感じた出来事でした(^_^;)

 

(株)あいすくむり → http://aisukumuri.com/

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カフェ事業の途中結果☆

2017年03月11日 | ビジネス

こんにちは!

あいすくむりの加勢です☆

昨年12月・・・。

あいすくむりの親会社である加勢牧場は、クラウドファンディングを利用させて頂き

新たな取り組みをスタートさせて頂きました☆

加勢牧場は、今までアイス事業を中心とした収益構造だったのですが、アイス事業ではどうしても夏に売り上げが偏ってしまう傾向があったのです。

そのため、今回クラウドファンディングで資金を調達させて頂き、

加勢牧場の販売活動の拠点である地元の道の駅 『道の駅 良寛の里わしま』 さんにエスプレッソマシンを導入。

加勢牧場のブランド商品である 「ガンジー牛乳」 を使用した本格カフェ として商品展開をさせて頂きました。

バリスタとして新たな人材を雇用し、その者の指導者として

日本のバリスタの第一人者である 横山千尋氏 に依頼。

マスコミ各社様に取材をお願いし、大々的にスタートを切らせて頂きました。

今回の狙いは

アイス事業に頼りきりになっている収益構造の脱却と、「道の駅 良寛の里わしま」 の冬場の集客を向上させること。

雪国新潟ならではの悩みで、雪が降ってしまうと、どうしても集客が落ち込んでしまうため

「道の駅良寛の里わしま」 さんも、何とか対策をしたいと考えていました。

お互い思惑が合致し、今回全面的にご協力を頂いた次第です。

カプチーノに加え、キャラメルカプチーノ・・・。

そして特に力を入れたのが、

搾りたてのガンジー牛乳から生クリームを取り、そのクリームに北海道産の甜菜糖を加えて仕上げた

濃厚なガンジーアイスクリームにエスプレッソをかけて食べる

「アフォガード」 は、本当に絶品です。

我々が現状ご提供できる、最高のカフェが作れたと考えております。

 

実際に販売をスタートして3ヶ月が経過した手応え・・・ですが

正直、降雪の有無で集客が決まってしまう・・・

という現象は、どうしても脱却出来なかった・・・。というほかありません。

雪が降らず天気が良い日は、1日に70杯程度 (約30,000円の売上)、ご注文を頂いていますが

雪が降ろうものなら、ピタっと来客数が激減してしまったのです。

冬場の売り上げ確保は、一つの道の駅では、なかなか難しいかったかもしれません・・・。

まだまだスタートを切ったばかりですし、これから春に突入です。

暖かくなるにつれて、少しずつ売上が向上しているので

引き続き、全力で販売活動をさせて頂きたいと考えております!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加