いつかblack ai ストラテジーfxで。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

由来する

2017-06-30 17:10:34 | 日記
覚えておこう、保険とは、突然起きる事故が原因で生じた財産上の損失の対応のために、賛同する複数の者が少しずつ保険料を掛け金として納め、整えた資金によって保険事故が発生した際に規定の保険金を給付する制度です。
有利なのか?タンス預金。物価上昇の(インフレ)局面では、インフレの分その価値が下がることを忘れてはいけない。当面の暮らしに必要とは言えない資金は、ぜひとも安全、そして金利が付く商品にした方がよい。
知らないわけにはいかない、ペイオフ⇒唐突な金融機関の経営破綻による破産のとき、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護するべき預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
重要。「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」の3機能のことを銀行の3大機能と称し、銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」あわせて銀行自身が持つ信用力によって機能していることを知っておいていただきたい。
重い言葉「銀行の経営がどうなるかはその銀行に信頼があって順調に進むか、そうでなければ融資するほど価値がない銀行だと認識されてうまくいかなくなる。どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行の経営が破綻したのです。この破綻の影響で、史上初となるペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、日本振興銀行の全預金者の3%程度、それでも数千人を超える預金者の預金が、上限適用の対象になったと想像される。
西暦1998年6月のことである、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等の所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関するもののセクションを分離・分割して、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局のひとつ、のちに金融庁となる金融監督庁を設置 することになったとい事情があるのだ。
なじみのあるバンクはあまり知られていないけれどbanco(机、ベンチ)というイタリア語に由来すると言われている。ヨーロッパでは最古の銀行は?⇒600年以上も昔、当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァで設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行である。
簡単にわかる解説。外貨預金⇒銀行で扱うことができる商品の一つである。日本円以外によって預金する商品です。為替変動によって発生する利益を得られる可能性がある反面、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。
なじみのあるバンクはもともと机やベンチを意味するbancoというイタリア語に由来すると言われている。ヨーロッパ最古とされている銀行。それは15世紀の初め現在のイタリア北部のジェノヴァで誕生したサン・ジョルジョ銀行です。
麻生内閣が発足した平成20年9月、米国の国内第4位の投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が破綻したことはご存じだろう。この誰も予想しなかった大事件がその後の歴史的な世界的金融危機のきっかけとなったので「リーマン・ショック」と呼ばれることになったのである。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が破綻(民事再生手続開始)する。この破綻の影響で、金融史上初めてペイオフ(預金保護)が発動することになった。これにより全預金者のなかで3%程度、しかし数千人の預金が、上限額の適用対象になったのではないだろうか。
いわゆる「重大な違反」になるかならないかは、金融庁が判定する。一般的な場合、些末な違反がわんさとあり、それによる相乗効果で、「重大な違反」認定する。
紹介されることが多い「銀行の運営の行く末は銀行に信頼があって発展するか、そうでなければ融資するほど価値があるとは言えないと見立てられたことで発展しなくなる、二つに一つだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)
確認しておきたい。外貨両替はどんな仕組み?海外旅行にいくときだとか外貨が手元になければいけない人が活用される。円に対して不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀行そのものの信用力 | トップ | 実施されているサービス »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。