私家版 宮城の野鳥 since 1976

憧れのにわか鷹匠(これはワシミミズク)になれました。

2017年1月22日(日)28日(土),2月/26日(日)蕪栗沼

2017-03-21 | 蕪栗沼・白鳥地区
■2017/1/22(日),1/28(土),2/26(日)【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】500Ⅱ
【場所】蕪栗沼
【種名】ソデグロヅル成鳥2幼鳥1(1科1種)
【メモ】最初の日に行った時には沼の西側堤防から遠望する状況だったが,次からは白鳥地区との境界堤防からの観察で,比較的近くで見ることができた。羽の黒い部分が初列(袖黒)であるため,地上にいるときは黒い部分が隠れる。タンチョウは次列・三列が黒く地上にいる時は,白い初列が隠れ,黒い次列・三列が尾羽のように見える。イラストのタンチョウを検索で画像表示すると黒い尾のタンチョウが描かれていることがよくある。
さて,このソデグロヅルだが,以前よく蕪栗沼周辺の田圃に来ていたタンチョウと比べると,ツルというよりは,トキの仲間かと思うような顔をしている。蕪栗沼が気に入ったのか,ずいぶん長逗留だ。それだけ環境がよいということだろう。誇れる郷土の自然だ。
【写真】
  
■1/22の撮影/1/28
  
■三羽の編隊飛翔
  
  
  
  
  
■ここまで1/28撮影
  
■オオハクチョウが,威嚇しながら幼鳥と成鳥に近づくと,後ろからもう一羽の成鳥が,オオハクチョウを追い散らした。沼では一番体が大きく,彼らが嫌がるのは,タヌキくらいか。
  
  
■採餌するソデグロヅルの親子。ここまで2/26撮影。


Copyright(C)2017 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2017年2月11日(土)鳥の海

2017-03-14 | 鳥の海
■2017/2/11(土)11:45-12:00【天気】晴れ,強風 【レンズ】500Ⅱ
【場所】鳥の海
【種名】ハマヒバリ成鳥♂3(1科1種)
【メモ】銚子駅に到着して,これから銚子漁港でカナダカモメなど見に行こうとしていた時に,ハマヒバリ情報。いくら今見ていると言われても,翌日は長野だし,行けるはずもなく,悲しみに暮れてカナダカモメや,アメリカセグロカモメを見ていた。それから,1週間後,もうどうせいないと思ったので,まずは地元でカモメを見ようと思い,松川浦漁港から北上したが,何もおらず,最後は鳥の海かと思っていたところ,持つべきは鳥友で,今,鳥の海に来ているというので,急いで現地へ向かった。しかし,いるべきところにいない。若干,付近を探したり,じっと待っていたがいない。ハギマシコさえでない。しかたがないので仕切り直しに温泉に入り,いないとは思ったが,少し先の方までとぼとぼ歩いていくと,ちゃんと3羽黄色い顔の鳥が3mくらい先で,しきりに採餌していた。いつものように,そこで動かずじっと待ち,相手が採餌しながら近づいてくるのを待っていると,やっぱりやってきた。強風で時々砂嵐状態になる。目を閉じて風上に向かってじっと耐えながら,風が弱まると,採餌をしていた。何を食べているのかよく分からなかったが,何かの種子という感じだった。石巻でずっと以前に見たコモンシギの幼羽も,浜辺の植物の種子を食べていたのを思い出した。こんなきれいなかわいい鳥を見つけてくれた人や鳥友たちに感謝である。
【写真】
  
  
  
  
  
■ハマヒバリ3羽


Copyright(C)2017 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2017年2月25日(土)宮崎・旭地区

2017-02-27 | 田谷地沼・宮崎地区
■2017/2/25(土)9:01-10:28【天気】雪 【レンズ】100-400Ⅱ, 500Ⅱ(最後の3枚)
【場所】加美町宮崎
【種名】キジ♀,マガン,シジュウカラガン,オオハクチョウ,キジバト,トビ,ノスリ,ハシボソガラス,ムクドリ,ツグミ,カワラヒワ(8科11種)
【メモ】アトリやハギマシコの群れを期待して宮崎に行ったが,あいにくの雪模様で,ノスリとオオハクチョウしか見れないと思っていたところ,陶芸の里の温泉に入って,仕切り直しをし,旭地区から陶芸の里総合運動公園に戻ってきたところ,いつもの場所にマガンの群れがいた。よく見るとシジュウカラガンもいた。そのうち,付近の田圃で採餌していただろうガンの群れが次々に飛来してきた。群れの中には,新たなシジュウカラガンの群れもいた。これまで宮崎地区ではシジュウカラガンを見たことがなかったので,ナイスだった。以前,この近くでサカツラガンも見たことがあった。宮崎地区や旭地区は,例年,この時期は田圃が雪に覆われているので,雪解けを待って,ガンやハクチョウが採餌にやって来る。賀美石地区から順に宮崎,旭地区と緩やかに標高が上がっていくが,それに合わせて田圃の雪解けが春の訪れとともにやってくるのだ。来週辺りもう一度行ってみるつもりだ。帰りは,小野田のまつやでおいしい中華そばを食べ,満足して帰った。今日の白眉は雪中四十雀雁ランディングの図だ。
【写真】
  
■鳴神神社上空を飛ぶオオハクチョウ/えぐねとノスリ/旭地区のオオハクチョウ
  
■ランディングするシジュウカラガンの群れ
  
■マガンとシジュウカラガンの群れ
  
■マガンとシジュウカラガン
  
■採餌するシジュウカラガン


Copyright(C)2017 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

ソデグロヅルの親子(2)

2017-02-26 | 観察図鑑・ギャラリー
ソデグロヅルの親子(2)

ソデグロヅルの親子(1)

2017-02-26 | 観察図鑑・ギャラリー
ソデグロヅルの親子(1)

マガンとシジュウカラガンの採餌

2017-02-26 | 観察図鑑・ギャラリー
マガンとシジュウカラガンの採餌

2017年2月11日(土)閖上漁港

2017-02-12 | 鳥の海
■2017/2/11(土)12:51-13:19【天気】晴れ 【レンズ】500Ⅱ
【場所】閖上漁港
【種名】ミミカイツブリ3,ウミスズメ3(2科2種)
【メモ】先週土曜日は銚子漁港だったので,今週は松川浦漁港と鳥の海に行くことにした。松川浦漁港は,カモメも海鳥もまったく出ず,コブハクチョウの群れがいるくらいだった。そこから,急いで戻って,鳥の海でしばらく鳥の出を待ち,鳥の海温泉に入って仕切り直したところ,鳥を見ることができた。それから,閖上漁港に行ってウミスズメとミミカイツブリを見たが,すぐ近くで見られてとてもうれしかった。感謝!
最近,小さいけれど福島県沖,宮城県沖,岩手県沖と地震が多い。鳥見は圧倒的に海岸が多いので,いつも注意はしている。
【写真】
  
■ミミカイツブリ冬羽は,目元から嘴にかけて血が流れているような感じで,ずっと昔,初めて見たときびっくりした。
  
■真下にいてピントがなかなか合わなかった/バタ足です/海中から浮上してぷるぷるしている
  
■ウミスズメ
  
■なかなか連続写真は撮れず,これは別シーンです。


Copyright(C)2017 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2017年2月5日(日)善光寺・城山公園

2017-02-09 | 県外・国外・その他
■2017/2/5(日)7:08-7:49【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】100-400Ⅱ
【場所】善光寺・城山公園
【種名】トビ2,ノスリ1(エムウェーブ),ヒヨドリ3,エナガ2,ムクドリ15,シロハラ2,ツグミ1,スズメ+,ハクセキレイ,セグロセキレイ,カワラヒワ5,シメ1,イカル23,ホオジロ1(9科14種)
【メモ】早朝5時30分に起床し,暗いうちから長野駅付近のホテルから歩いて善光寺を目指し,かなり息が上がってやっと7時少し前に善光寺に着いた。一通りお参りして,御札など購入し,城山公園に行った。朝日が昇る頃で公園内の一番大きい木に朝日が当たる頃になり,イカルの群れがやって来た。群れは道路一つ挟んだ善光寺内の樹木に移動し,しきりに採餌していた。観察した鳥の個体数が一番多いのがイカルだった。7時30分頃になるとだいぶ明るくなり,イカルの声が境内に響いて,とてもよい朝だった。
【写真】
  
■シメとシロハラ
  
  
■イカルの群れとイカル。子どもの頃,イカルはふるさとの加護坊山ではウソやイスカと並んで普通の鳥だった。


Copyright(C)2017 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2017年1月22日(日)蕪栗沼

2017-01-31 | 蕪栗沼・白鳥地区
■2017/1/22(日)12:42-15:12【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】500Ⅱ
【場所】蕪栗沼
【種名】ミサゴ,トビ,オジロワシ成鳥,ノスリ,チュウヒ幼鳥1成鳥♀1,ハイイロチュウヒ♀,ハヤブサ若鳥1(3科7種)
【メモ】鳥の海でカモメ類を探していたら,着信。ケアシノスリを見て急いで蕪栗沼へ。飛んだオジロワシはとてもオジロワシらしかった。
【写真】
  
■ノスリ成鳥♀。車の助手席側の窓にレンズをおいて撮影。適当な距離で光線もよかったので,クリアに撮れた。成鳥♀は虹彩が暗褐色で(幼鳥は透明な黄色っぽい色)腹巻きは太く褐色。顔は♂のようにたどんではない。地方によって「まぐそたか」とか不名誉な名前が付けられている。自分が子どもの頃は,ノスリというタカそのものを認識していなかった。
  
■やっと飛んでくれたオジロワシ。ハイチュウの時間になってしまう。
  
  
  
  
■飛んで止まろうとした枝が,オジロワシにはちょっと細すぎた感じだった。/オジロワシ,チュウヒ国内型幼鳥,ノスリ成鳥♀/ハイイロチュウヒ♀
  
■オオハクチョウ/チュウヒ成鳥♀


Copyright(C)2017 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2017年1月9日(月),1月15日(日),1月22日(日)鳥の海

2017-01-23 | 鳥の海
■2017/1/9(月),1/15(日),1/22(日)【天気】曇り,晴れ時々曇り 【レンズ】100-400Ⅱ 500Ⅱ
【場所】鳥の海
【種名】スズガモ,ホオジロガモ,カンムリカイツブリ,ハジロカイツブリ,カワウ,アオサギ,ダイサギ,コサギ,ダイシャクシギ成鳥3,ハマシギ12,ウミネコ,カモメ,セグロカモメ,オオセグロカモメ,ミサゴ,トビ,ノスリ,ケアシノスリ,チョウゲンボウ,ヒバリ,ツグミ,カワラヒワ,ホオジロ(13科23種)
【メモ】3日間しつこくムクドリ類を追うが発見できず,ケアシノスリやカモメ類を撮影・観察した。ダイシャクシギが3羽いた。
【写真】
  
■ヒバリ/ダイシャクシギ/カモメ幼羽
  
■セグロカモメ幼羽/カモメ幼羽/カモメ第1回冬羽 同じ種類でも換羽に個体差があることがわかる。この時期,もうすぐ成鳥は夏羽になる時期だが,相変わらず幼羽の個体もいる。
  
■オオセグロカモメ第1回冬羽/オオセグロカモメ幼羽/セグロカモメ成鳥冬羽
  
■オオセグロカモメの♀型(右・中)オオセグロカモメ♂型/チョウゲンボウ♀/ケアシノスリ幼鳥
  
■ホバーリングするケアシノスリ/ケアシノスリ,トビ,ノスリ。昼のモビングをして解散
  
■ケアシノスリにミヤマガラスがモビング/ノスリがモビング,トビもモビング。ケアシノスリは一目置かれているようだ


Copyright(C)2017 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2016年12月17日(土)松川浦,磯浜

2017-01-22 | 磯浜漁港
■2016/12/17(土)8:30-10:18【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】100-400Ⅱ 500Ⅱ
【場所】新松川浦漁港,松川浦漁港,新地漁港,磯浜,中浜
【種名】キジ♂,ヒドリガモ,マガモ,カルガモ,オナガガモ,コガモ,ホシハジロ,キンクロハジロ,スズガモ,クロガモ,ウミアイサ,カイツブリ,カンムリカイツブリ,ミミカイツブリ,ハジロカイツブリ,キジバト,アビSP,ヒメウ,カワウ,ウミウ,アオサギ,ダイサギ,コサギ,オオバン,シロチドリ,イソシギ,ハマシギ,ユリカモメ,ウミネコ,カモメ,ワシカモメ,シロカモメ,オオセグロカモメ,ミサゴ,トビ,ノスリ,チョウゲンボウ,ハヤブサ,モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,ヒバリ,ムクドリ,ツグミ,イソヒヨドリ♀,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロ(23科49種)
【メモ】カモメを探しに磯浜・松川浦方面に行った。新松川浦漁港は収穫なしで,松川浦漁港に行くとシロカモメ第1回冬羽がいて,しきりに餌場を他の大型カモメから守っていた。シロカモメは釣師浜や新松川浦漁港でのこれまでの観察からすると,けっこう気が強いようだ。七北田川ではカラスに追われていたが。1シーズンぶりのシロカモメで1羽だけだったが,いつものように目の前で見ることができてうれしかった。ここで,少し気をよくして新地や磯浜のクロガモを見に行った。磯浜でいつもいるハヤブサ成鳥が海に狩りに行って戻ってくるのを見た。クロガモは例年より個体数が少ないようだ。近年,磯浜沖にはクロガモより,マガモの群れの方が多い。中浜では復興工事のブルドーザーの近くにノスリがいて,この後で見るホシムクドリと同じように追い出されてくる小動物を待っているようだった。※そういえばカシラダカが少ないというかまだ見ていない。ホオジロは多いが。
【写真】
  
■オオセグロカモメ第1回冬羽♀型/ワシカモメ第4回冬羽/オオセグロカモメ成鳥冬羽♀型
  
■シロカモメ第1回冬羽


Copyright(C)2016 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2016年12月29日(木)鳥の海

2017-01-21 | 鳥の海
■2016/12/29(木)12:50-16:40【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】100-400Ⅱ 500Ⅱ
【場所】鳥の海
【種名】キジ,コハクチョウ,ヒドリガモ,マガモ,カルガモ,オナガガモ,スズガモ,カワアイサ,カンムリカイツブリ,キジバト,カワウ,アオサギ,ダイサギ,コサギ,オオバン,タゲリ13+,シロチドリ1,ハマシギ18+,ユリカモメ,カモメ,オオセグロカモメ,ミサゴ,トビ,ハイイロチュウヒ♂♀,ノスリ,ケアシノスリ,チョウゲンボウ,モズ,ミヤマガラス,ハシボソガラス,ハシブトガラス,ヒバリ,ギンムクドリ1,ムクドリ,ホシムクドリ4,ツグミ,スズメ,ハクセキレイ,タヒバリ+,カワラヒワ,シメ,ホオジロ(24科42種)
【メモ】松川浦から戻る途中,震災以前からよく見られる場所でタゲリの群れを見た。荒浜漁港を一回りしカモメ類を探し,鳥の海温泉に入って,午後からの探鳥に備えた。12月4日に偶然ギンムクドリを見て,どうしてももう一度見たいと,記録にないものを合わせるとこの間2回行ったが見られず,絶対いるはずだという確信のもと,2時頃から周辺を探し回った。すると午後3時過ぎ頃からポイントから1kmほど離れた辺りにムクドリの群れが散在していて,小群がポイントの方へ向かって飛んでいくのを見たので,これはきっと集合するに違いないと,行ってみると以前いたような群れになっていた。ホシムクドリも4羽ほどいて,光線が悪かったが,丹念に探していくと,いた!しかし,逆光でしかも暗く望遠レンズを取り出すまもなく飛ばれてしまった。とりあえずいたということで満足し,ホシムクドリなど撮影し,電線に鈴なりになったムクドリの群れを双眼鏡で探したが,頭の白いムクドリはいるが,ライオン丸はいなかった。その後も何回か探したが見つけられていない。しかし,めげずに探すつもりだ。それから,ハイイロチュウヒを見に行ったが,♂♀ともかなりサービスしてくれたにもかかわらず,かなりいい写真が撮れていたにもかかわらず,設定したISOが8000だったもので,帰宅してから落胆したのだった。
【写真】
  
■チョウゲンボウ成鳥♂♀
  
■タゲリの群れが飛び回っていて,近くに一羽来たので撮影した。震災前後で環境が変わったのに同じ場所で見られるのが不思議。
  
■オオセグロカモメ第1回冬羽とカモメ第1回冬羽
  
■ただムクドリ/ホシムクドリ/飛んでしまったたあと
  
■ハイイロチュウヒ♂♀。ISO8000。1/250でも止まるので,この日ならf4,ISO200か400でよかった。


Copyright(C)2016 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2016年12月29日(木)松川浦,磯浜

2017-01-18 | 磯浜漁港
■2016/12/29(木)10:02-12:39【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】100-400Ⅱ 500Ⅱ
【場所】磯浜,水神沼,新地漁港,新松川浦漁港,松川浦漁港
【種名】(コブハクチョウ),ヒドリガモ,マガモ,カルガモ,ハシビロガモ,オナガガモ,コガモ,ホシハジロ,キンクロハジロ,スズガモ,クロガモ,カイツブリ,アカエリカイツブリ,カンムリカイツブリ,ハジロカイツブリ,キジバト,オオハム,ヒメウ,カワウ,ウミウ,アオサギ,ダイサギ,コサギ,オオバン,イソシギ,ユリカモメ,ウミネコ,カモメ,ワシカモメ,シロカモメ,オオセグロカモメ,トビ,ノスリ,チョウゲンボウ,ハヤブサ,モズ,ヒバリ,ムクドリ,ツグミ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロ(20科42種)
【メモ】最初に新地ICで降りて,松川浦から回った。小泉川の橋を渡り,文字島あたりから,松川浦を見るとコブハクチョウの白が点在しているのと,鵜の尾埼灯台のトンネルからはコンクリートの白い護岸防潮堤ができていた。小泉川沿いは工事のため通行できなかったので,もと来た道を戻り,ホテル飛天前を過ぎ,農産物直売所に行ってみた。土ネギを売っていたので大量に買って,家に帰ってからミニ菜園に植えた。最初に新松川浦漁港に行ったが,前回同様,オオセグロカモメとワシカモメくらいで,水揚げの時ではなかったのでさらにカモメ類は少なかった。それから松川浦漁港に行くと,オオハム,アカエリカイツブリがいた。前回同様シロカモメもいた。オオハムを観察してわかった特徴としては,真横から見ると頭は台形に見えるが,後ろから見たり,頭を上げて上空を見ていたりすると,ほとんどアビに見えたりするので注意が必要だ。上背は鱗模様。喉元は陰になると黒っぽく見えるが,順光や羽繕いをして首をひねったりすると黒線は全くないことがわかる。脇の白斑についてはこの個体はかなり広く白い部分が吃水から出ている。1時間ほどいて,新地漁港,磯浜付近のクロガモなど見て鳥の海に向かった。
【写真】
  
■スズガモ/オオハム冬羽
  
■頭から嘴を水中に突っ込んでは顔を上げる行動を繰り返していた。またアビ類おなじみの腹を上にして足をあげて羽繕いする様子も見られた。首が長いのでぐるっとねじって羽繕いするのもおもしろい。/シロカモメ第1回冬羽
  
■ダイサギやチュウサギが数十羽いた。/ハジロカイツブリ冬羽
  
■アカエリカイツブリ成鳥冬羽/カンムリカイツブリ成鳥冬羽
  
■オオハムだが,右と左ではまるで印象が違う。/コブハクチョウ成鳥
 
■クロガモ成鳥♂♀/中浜付近の防潮堤から荒浜,仙台方面。仙台市中心部のビル群や電波塔も見える。


Copyright(C)2016 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2016年12月31日(土)鳥の海

2017-01-16 | 鳥の海
■2016/12/31(土)15:12-16:50【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】100-400Ⅱ 500Ⅱ
【場所】鳥の海
【種名】キジ♂♀,ハイイロチュウヒ♂♀,ホシムクドリ10,ムクドリ(3科4種)
【メモ】伊豆沼,蕪栗沼の最後は鳥の海に来た。鳥の海温泉に入り,午後3時になるのを待って,ホシムクドリとハイイロチュウヒを見に行った。前回ハイイロチュウヒは,間違ってISO8000で撮影してしまい,ISO400でもいい条件で♂♀がずいぶんサービスをしてくれ,天気もよく,かなりの枚数を撮影したのだが,画像を見てびっくりだった。今回は天気がいまいちだったので,f4ISO800で撮影した。あまり暗くなるとAFが効かなくなるので,その前にやめたが,何しろ♂は登場が♀より遅いので,やっぱりこうなってしまう。しかし,撮影もさることながら,♂♀の行動も非常におもしろいので,暗くなってもしばらく見ていた。
【写真】
  
■ホシムクドリ冬羽
  
■電線に並んだホシムクドリ
  
■ホシムクドリのアップ/ムクドリの群れに混じって採餌するホシムクドリ
  
  
  
■ハイイロチュウヒ♀/♂/キジ♀


Copyright(C)2016 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

ハクガンの採餌 ※途中,道路を白の軽乗用車通過

2017-01-12 | 動画観察図鑑
ハクガンの採餌 ※途中,道路を白の軽乗用車通過