総合漢方にんぷ薬・総合漢方育児薬

~頭を使ってではなく、カラダ(感性)で子育てしてみませんか~

宇宙のエネルギーは無尽蔵だとしたら・・・

2016年10月24日 | エッセー
 もしかしたら、私は、宇宙を甘く見ていたかも・・・・・・。
 宇宙のエネルギーって、津波なんか目じゃないくらいすごいのかもしれない。尚且つ、大きいだけでなく、微に入り細に入り、はたまた、時間までも行ったり来たり・・・・。
 高木利誌さんという方の『宇宙から電気を無尽蔵にいただくとっておきの方法』という本を読んでそう思った。
 なんと、UFOは、水晶に宇宙の波動エネルギーを集めてエネルギーにして移動しているのだそう。水晶は、そんな力を持っているらしい。昔から、水晶ってパワーの石って言われているから、そうかもしれない。でも、ネガティブな人が手にした水晶には、悪い波動が残っているので、いい波動の水晶を選ばないといけないって聞いたこともあるから、ちょっと怖い。
 5年前、できれば胃を切りたくなかった私は、川崎市にある代替医療中心の帯津三敬病院に1週間ほど体験的に入院した。その時、乳がんの末期の女性が、なんだかすごいパワーのありそうなゴツゴツシたブルー系の大きな水晶を肌身離さず持っていらした。その女性のお仕事は、パワーストーンのバイヤーでアメリカに頻繁に買い付けにいってらっしゃるとのことだった。その方が、パワーストーンの腕輪を20個くらい持っていらしたので、少し大きめの緑色の石の腕輪を選んで買ったけれど、いつの間にかなくしてしまった。どこにいったのだろう・・・。私的には気に入ってはめていたけれど、誰だったかなぁ、その石にあまりいい感じを感じられないと言った人がいて、必死に探さなかった。
 大事なことは、いい波動。
   
 何万光年という宇宙を瞬間移動するっぽいYFO。どうやって、そんなすごいことができるのだろうと不思議だった。ロケットでも全然及ばないエネルギーって何だろうって、ずっと、疑問だった。UFOがいるのかいないのかは別にして・・。
 高木さんは、あの奇跡のリンゴで有名な木村さんがUFOに遭遇したということから、木村さんからその話をお聞きしたのだという。
 それで、水晶という鉱物に宇宙のエネルギーを集めて発電させるということを考えられているという。
 そして、実際、発電しているという。
 ラドン温泉ってある。実は、天然の放射能にも宇宙のいい波動を集める力があって、だから、ラドン温泉でがんが治ったりするらしい。あくまでも、天然の放射能の話で、人工的に作った原子力エネルギーによる放射能はノーな話。

 要は、この無尽蔵な宇宙のエネルギーを使わないなんてもったいないってことだ。

 ただ、この本に、やっぱりね・・・というお話が書かれてあった。
今や、水素をエネルギーにして走らせ、おまけに水を作るという自動車は実用化一歩手前である。
 やっぱり、こんなエコなものは、資源のない日本だからこそ・・・だと思っていた。
 しかし、この本には、アメリカで日本よりも先に、シソ自動車を開発研究していた4人の人間が、いつのまにかいなくなった・・と書かれてあった。

 アメリカは、石油産出国であり、尚且つ、世界の石油経済を裏で牛耳っている国。そんな石油なんていらない車なんか作ってもらっては困る。本当に億万長者が困る。

 日本って国は、資源がないというだけで、アメリカなどの資源のある国や植民地という資源を横取りした国に比べれば、エコエネルギーに関してかなり寛容・・・というより、エコエネルギーで世界に立ち向かってこれたのかもしれない。あるのがいいのかないのがいいのか・・・・。

思い起こせば、波動という言葉は、今までも、結構、体験している。
 でも、波動って一体何だろう?
 ちょっと、昔、『ありがとう水』という水が流行った。ペットボトルに『ありがとう』と書いた水とそうでない水では、全然違うというやつ。
 いい言葉の波動が、水に転写されて、云々・・・・。
 さもありなんって感じで、私も、やってみたなぁ。でも、今はしていない。

 はるか昔から、存在するダイヤをあしらった超豪華なネックレスが、マリーアントワネットに手に渡り、その後、それを手にした女性たちが、次々と不運に見舞われた。いくらすごい宝石も悪い波動を持った人の手にしたものであるならば、それは、恐ろしいだけ・・・みたいな。

 神社って、パワースポットな場所に作られていると聞いたことがある。
 
 手首にパワーストーンをはめている人も多い。
 パワースポット巡りをする人も結構いる。

 パワーって何だろう?
 そう聞かれると、よくわかんない。
 ということは、つまり、なんだかわけのわからない世界を自然と受け入れている人は多いってこと。
 でも、反対に、そういうのが大嫌いという人も結構いる。
 後者は、きっと、自分の人生に結構満足している人だったり、体力に自信があったり・・・と人生の負け組か・・・・というような敗北感のない方が多いかもしれない。逆に、前者は運とか偶然でない必然みたいな感覚の持ち主が多いかもしれない。



 この本を読んで、『神社を建てた場所にパワーがあるわけではない。パワーストーンそのものにパワーがあるわけでもない。ただ、その土地や鉱石に宇宙の無尽蔵の波動エネルギーを吸い寄せる力が並大抵でないというレベルであるんじゃないだろうか。』と思えてきた。
 
 では、一体『波動』とは何だろう?

 で、ネットで調べてみた。

 波動とは、万物が持つそれぞれの振動であり、波形エネルギーのことを指します。個性や特徴ともいえます。波動は、すべての人間、動物、食物、物、そして、感情や意識など、例外なくすべてに存在します。つまり、目に見えるものだけではなく、目に見えないモノにも波動はあるということです。
 波動は、大きく分けると、6通りの波動が存在します。

 よい波動と悪い波動があります。
 よい波動は、ノイズのないクリアな状態を指します。それは、宇宙や自然と調和していることを意味し、人間から見て好ましい状態でもあります。逆に、悪い波動とは、ノイズが強く荒い状態です。それは、宇宙や自然と不調和であることを意味し、トラブルが起こりやすい状態であると言えます。
 よい波動・・・・湧き水、有機野菜、高原の空気
 悪い波動・・・・消毒された水、ジャンクフード、都会の空気

強い波動・・・・波動の揺れ幅が大きい 良い悪いは関係なく、エネルギッシュな状態 カリスマ ワンマン  
 弱い波動・・・・波動の揺れ幅が小さく、活性化していない状態 師匠と弟子の差みたいな感じ?

 波動は、強ければいいというというわけではないらしい。自分と同じような波動のある人などといっしょにいる。つまり、自分とバランスがいいということが大切らしい。
 例えば、ヒノキは、家を建てる木材の中で最も波動が高い良い木材と言われているけれど、住む人との波動の相性が悪いと、居心地が悪くなったり体調がすぐれなくなったりするのだそう。
 波動は、自分と比較して、高すぎても低すぎてもダメで、同じくらいか少し高めがいいよう。

 じゃぁ、どうやって、自分の波動を高められるの?

・日々の瞑想
・呼吸法
・邪気を払い浄化する
・チャクラを整え、強化する
・エネルギーワークやヒーリングを受ける、実践する
・学びを深め意識を拡大する

 と書いてありました。

 瞑想というものも難しい。すぐ、雑念が浮かんできて、全然、集中できない。
 呼吸法って、どんな風に呼吸するんだろう?先日、叔母がテレビで、ひたすら、20分くらい深呼吸し続けると瞑想に似たような感覚になるって言って、実践しているって言っていた。
 邪気に至っては、邪気がどんなものでどのようにしたら払えて浄化できるのだろうか、よくわからない。
 エネルギーワークって何?ヒーリングって何?
 学びを深めるって、どういう学びを深めるの?意識を拡大するって、どういうこと?

 こんな見えない世界。でも、宇宙って、果てしないというだけで、ものすごいエネルギーの塊なんじゃないかなぁ?
 同僚6人中2人が、霊媒体質で、二人で、取り合ったりしている。6人中2人だよ。霊も波動なんじゃなかろうか。邪気がいっぱいの。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『君の名は』勝手に大絶賛さ... | トップ | 『君の名は』についていける? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。