総合漢方にんぷ薬・総合漢方育児薬

~頭を使ってではなく、カラダ(感性)で子育てしてみませんか~

南陸前にはまちゃった彼

2017年06月16日 | エッセー
 市役所から東北の南陸前町に主に、固定資産の関係の仕事のために派遣されたN君が、半年の役目を終えて帰ってきた。
開口一番かどうかは定かではないが、彼は、叶うなら、このまま永住したい、雇用があれば、今すぐにでも雇ってほしいと訴えたそうだ。それは、叶わぬ夢となったようだけれど、彼曰く、「退職したら、南陸前に住むつもり。できれば、50歳で早期退職して住みたい。」と。

 『え~~~~~~~~。どうして?南陸前ってそんなに魅力的なの?何が魅力なの?今すぐにでも住みたいなんて、よほど魅力があるに違いないのだろうけれど、一体全体、そこまで引き付ける魅力って何?」と思わず、前のめりで質問攻めしてしまった。

彼の答えは『人間性?』だった。

 「人間性って、どんな?」と問い詰める私。

 「とにかく、あたたかい。人がいい。優しい。感謝の気持ちがすごい。復興しようとするエネルギーに満ち溢れている。」

 わが町は、自殺率の高い町。出る杭は打たれるというけれど、本当に出る杭は打たれるようで、地域を活性化させようと頑張ってくれるようなリーダーが存在しない。つまり、悪口、陰口の割合がかなり多い地域なんじゃないかなと勝手に思っている。だから、町も発展しない。

 幸せとは、感謝している気持ちの時に感じるもので、批判しているときに感じる気持ちの時は不幸だと何かの本に書いてあった。

 つまり、わが町は不幸な人が多い町なのだ。

 だからこそ、彼は正反対の幸せな気持ち溢れる町に住んでしまって、はまってしまったのだと思う。

 戦後、焼け野原から復興した日本のようなエネルギー光線を彼はもろ浴びてしまったのだろうなぁ。活気って大切。わが町には、もはや、活気という言葉は死語になりそうな気配すら感じるもの。

 彼は、南陸前には住んでいなかったという。その理由は、6年経っても、まだ、スーパーが一軒もないから。最近、コンビニはできたと。町は、まだ全然復興していなくて、工事現場みたいに砂ぼこりにまみれているという。それで、彼は、ス^パーのある町から毎日1時間かけて、通っていたらしい。仕事が終わるのは、ほぼ、毎日、10時で、朝は、4時半には起きて6時過ぎには役場について仕事をしていたというから、相当、ハードだったと思う。
 にもかかわらず、半年の派遣期間を延長してほしいと延長願を出したというのだから、今の南陸前の魅力って、どんだけ~~~~~~~~~~って感じ。

 先日もテレビで誰かが、そう言っていた。感謝されることがすごいって。

 生きる喜びは、きっと、ありがとう  の中にある。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇陛下のお姿という崇高 | トップ | キレルは記憶の起爆剤? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。