読書の森

物語を読むのも書くのも大好きです。読書感想、創作、エッセイなど綴ってまいります。

乾くるみ 『五つのプレゼント』と無駄話 後編

2016-12-30 22:12:28 | 書評


乾くるみが理系男子という事で、かの『イニシエーションラブ』が作られた訳も得出来た。
あれ程性を冷静に分析出来るのって理系であり、性と日常をあっさり分離出来るのは男子だからこそと思う。

という事だが、『五つのプレゼント』は、イニシエーションラブの主人公とかけ離れた純真な女学生が出てくる。
ちょっと北村薫を彷彿とさせるサラリとした文章である。

私が勉強したいのは事件をどういう展開で描くかという事だが、ここでは過去に起こった事件を描く形だ。

つまり殺人事件が起きて疑わしい人がいてこの様な行動をした。
さて犯人は誰でしょう?という形。


これだと探偵役の登場人物と共に考えられて面白い。
こういう感じのが自分に作れるかなと思う。
多分もっと情絡みになるだろうが、推理ゲームは興味を持たれるだろう。
読者が推理ゲームを楽しめて、あまり残酷でないのがいい。

などと作品と関係ない事を考えていたが、読み進む内に引き込まれた。



美しい女子大生の誕生日に彼女を好きな男子学生5人からプレゼントが届く。
ところがそのプレゼントの一つが爆発して彼女は命を落とすのだ。

果たして爆発物を仕掛けた犯人は誰かという事である。

実はこの女子大生は非常に残酷な事を5人に告げた。
「私の誕生日に一番気に入ったプレゼントをくれた人と付き合う」と。
まるでかぐや姫ではないか。

しかしこの自惚れた言葉の裏に納得出来る事情があった。
この辺の謎解きも面白い。
事件そのものは悲劇だが、小説の結末は和やかである。

アイデアの秀抜さにおいて、乾くるみって頭の良い人だと思う。
推理小説を書くのも読むのも頭の体操になるかも知れない。

2017年は頭の訓練に謎解きの創作に何度か挑戦したいと思います。

皆様どうか明るく良いお年をお迎えください!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乾くるみ 『五つのプレゼント... | トップ | 永井するみ 『秘密は日記に隠... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
kaguyahime (maso)
2016-12-31 22:30:21
さっそく読んでみました。良かったです。またぜひ紹介してください。
Re:kaguyahime (airport_2014)
2017-01-01 12:15:46
有難うございます。
この様なコメント頂くと、面白そうな本せっせと選んで又紹介したいですね。
今年もよろしくお願い致します。

コメントを投稿

書評」カテゴリの最新記事